MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

片目だけにコンタクトレンズをつけてもいいの?

Pocket
LINEで送る

どちらか片方の目の視力が悪くて困っている。そんな方が思う疑問のひとつに、
「片目にだけコンタクトレンズをつけてもいいの?」が、あるのではないでしょうか?
右目か左目のどちらかが見えづらい悩みをお持ちの方に、今回は、コンタクトを片目だけに装用することがOKかどうか、気をつけておきたい注意点をご紹介します!

1.必要なら片目だけのコンタクトレンズ装用はOK!

かならず眼科医の診断を参考に

左右の目の視力の違いから、片目だけをコンタクトレンズで矯正することは問題ありません。
ただし、勝手な判断はご法度。かならず眼科医の診断と検査に従って、自分の目に合ったレンズを処方してもらうように心がけましょう。

2.視力は両目のバランスが大事

目のストレスを軽減するための“片方コンタクト”

視力は、左右の目の見え方のバランスがとっても大切です。
両目の見え方が均等に近いほど、毎日を快適に過ごすことができます。
どちらかの視力が極端に悪い状況は、目の疲れを人一倍感じやすくなる原因にもなりますし、場合によっては肩こりや頭痛の原因にもなってしまいます。
コンタクトレンズを上手に使って、目のストレスを少しでも軽減する。そのために、片方だけのコンタクトが良い効果を発揮してくれるはずです。

3.片方だけのコンタクトレンズが必要なケース

左右どちらかの目にキズや眼病がある場合

どちらか一方の目の視力が弱い場合以外に、片方の目にコンタクトレンズを装用するケースは他にもあります。
例えば、片目にキズや眼病がある場合に、コンタクトレンズの装用をストップするよう診断された時です。
どうしても左右の視力のバランスが崩れてしまうことから、片方のみ着けていて良いのか、両方とも外して過ごすべきかの判断も、眼科医の指示に従いましょう。

モノビジョン法を試す場合

老眼を矯正する方法のひとつに「モノビジョン法」というやり方があります。
モノビジョン法は、利き目で遠くを、もう一方で近くを見る度数に合わせて、両目で見た時に遠くから近くまでが見えるようにする矯正法です。
このモノビジョン法を試すにあたって、片方の目だけにコンタクトレンズを装用するケースがあります。

【まとめ】左右の視力の極端な違いを放置しないように

左右どちらかの目の視力が極端に悪いままの状態で放置すると、疲れが出やすかったり、からだの他の部分に不調があらわれやすくなったりと、いいことはありません。
片方の視力をコンタクトレンズを装用して矯正し、バランスのよい、ストレスの少ない視界をキープすることが、目の健康のためにとっても大切です。
その際はくれぐれも、個人で勝手に片方だけのコンタクトを試し始めることはせず、ちゃんとした検査と診断が受けられる眼科を受診しましょう。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM