MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

コンタクト用と裸眼用の目薬の違いってなに?使い分けが必要?

Pocket
LINEで送る

目の乾きや不快感を解消してくれるアイテムといえば、目薬ですよね。店頭には、コンタクトレンズ用と裸眼用がありますが、それぞれの特徴の違いや使い分け方はご存知ですか?
商品によってさまざまな成分の違いがある目薬は、コンタクトレンズの装用感や性質に悪い影響を与えることもあるので、状況に応じた適切な使い分けが大切です。
大切な目の健康を守るためにも、今回は、裸眼用の目薬がコンタクトに与えてしまう影響やコンタクト用目薬の特徴をおさらいします。

1.裸眼用・ハードコンタクトレンズ用目薬には含有成分がたっぷり

目の状態や効果に合わせてちゃんと選ぼう

コンタクトレンズ用目薬と言っても、ソフトレンズ用とハードレンズ用でも特徴は異なります。
ハードレンズは、ソフトレンズに比べると薬品の影響を受けにくい素材でできています。そのため、ハードレンズ用の目薬には、目の不快を解消したり、違和感に直接作用する成分が含まれていることがほとんどです。
また、裸眼用の目薬は、さらに有効成分の効果が重視されるので、目の不調や症状に合わせて適切な効果が得られる目薬を選びましょう。
とはいえ、症状を改善してくれる成分の中にも、点しすぎには注意を要するものがありますので、不安がある場合は眼科医の指示に従いましょう。

2.ソフトコンタクトレンズ用の目薬は「人工涙液型」が一番

乾きを“うるおす”が目的の目薬

ソフトコンタクトレンズ用として最もメジャーで、おすすめの目薬は、「人工涙液型」です。
人の涙とほぼ同じ成分でできているから、薬品による副作用やレンズの質に悪影響が出る心配はありません。「乾きをうるおすため」が第一ですので、ソフトレンズに限らず、裸眼の時やハードレンズの方でも安心して使うことができます。
最も目にやさしい目薬といえるでしょう。

3.コンタクト装用時はアレルギー用の目薬に注意

アレルギー用の目薬をコンタクトレンズ装用時に使用すると、有効成分がレンズにとどまって効きすぎてしまったり、レンズの質に影響が出ることがあります。
花粉症の時季など、やむを得ずアレルギー用の目薬を使用する場合は、次のような方法での使用または種類を選びましょう。

一時的に外す

我慢できないかゆみや目の違和感など、どうしてもすぐに目薬を点したい場合は、一時的にコンタクトレンズを外しましょう。

防腐剤が含まれていないものを選ぶ

目薬の成分表に「ベンザルコニウム塩化物」の名前を見つけたら注意が必要です。
「ベンザルコニウム塩化物」は防腐剤として用いられる成分で、レンズの表面に長くとどまることになると、大切な角膜を傷つけてしまう恐れがあります。

4.ソフトコンタクト装用時はもっと注意!

ソフトコンタクトを使用している方は、「ベンザルコニウム塩化物」以外の成分にも注意が必要です。

清涼剤も角膜にダメージを

スーッと清涼感を与えてくれる「清涼剤」にも同様に注意が必要です。強い刺激が与え続けられると、その刺激によって角膜が傷つくこともあります。

血管収縮剤が病気を隠蔽

血管収縮剤は、血管を一時的に細くすることで、目の充血を解消してくれます。ですが、場合によっては、根本原因である目の傷や病気を隠蔽してしまう可能性もある成分です。
充血がしばらく続くようであれば、眼科で診察を受けましょう。

【まとめ】目薬は複数種類を持ち歩くのがおすすめ

コンタクトレンズ装用時と裸眼時では、使える目薬の種類も異なります。
使い間違いの可能性が出てきたり、何個も持ち歩くのは面倒と感じる方もいると思いますが、目的別に複数種類の目薬を常備するのもひとつの手です。
もしくは、レンズ装用時でも裸眼時でも使用できる、乾き対策の「人工涙液型」を常に持ち歩くのもよいでしょう。
間違った目薬の長期にわたる使用は、目の健康への大きなリスクとなります。
ぜひ今一度、お使いのコンタクトの種類と目薬の成分を照らし合わせ、問題がないかチェックしてみてください!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM