MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

コンタクトをつけたままの居眠りはダメ!眠気に打ち勝つ7つの方法

Pocket
LINEで送る

コンタクトユーザーの皆さんは、夜寝る前にコンタクトレンズを外していると思いますが、昼間のちょっとした仮眠やデスクでウトウトしてしまった時も、きちんとレンズを外すようにしていますか?
レンズをしたまま眠ってしまうと、涙の量が減って乾燥したり、角膜への酸素供給が少なくなって目を痛める原因になってしまうこともあります。
とは言え、ウトウトする度にわざわざコンタクトを外すのも大変です。装用したままの一眠りは危険だからこそ、襲ってきた眠気をなんとか吹っ飛ばすことを考えましょう!
今回は、会社員や学生さんでも簡単にできる、眠気に打ち勝つ7つの方法をご紹介します!

1.体の覚醒を促すストレッチ

座ったままでも効果は十分

デスクワークや授業などで同じ姿勢が続くと、血行が悪くなり、次第に眠気がやってきます。
そんな時は、大きく体を動かすストレッチがおすすめですが、なかなか動きづらい場合は、椅子に座ったままでも簡単なストレッチは可能です。
どちらか一方の腕を体の後ろに回し、もう片方の手で手首を引っ張ったり、椅子の背もたれを利用して体をひねったりの動作でも、十分に効果がありますよ。

2.ブドウ糖で脳を活性化

ラムネ菓子は便利な眠気防止アイテム

脳に必要なブドウ糖が不足していると、眠気が起こります。「眠たい」と思ったら、ブドウ糖を意識的に摂取して眠気を吹き飛ばしましょう。
ラムネ菓子は、成分の9割がブドウ糖ですので、供給源としてはうってつけです。
会社員の場合、デスクに常備しておくのがおすすめですが、学生さんが授業中に試みる場合は校則を破らないようにご注意ください。

3.頭の切り替えで脳に刺激を

仕事が単調にならないような工夫を

仕事中、同じ作業ばかりを続けていると、どうしても単調になって“ウトウト”してしまいがちです。
複数の作業を切り替えながら進めることで、適度な緊張感が出て眠気を予防しやすくなります。「集中力が途切れてきたな」と感じたタイミングで、別の作業に切り替えてみてはいかがでしょうか?仕事や勉強のリズムに変化をつけて、脳に刺激を与えましょう。

4.耳への刺激で眠気解消

耳たぶには頭部のツボがいっぱい!

耳への刺激は、眠気覚ましに効果ありです。
耳の上方→耳の真ん中あたりの縁→耳たぶの順番につまんで引っ張ります。最後に耳全体をほぐすようにマッサージするとより効果的です。
それでも眠気が覚めない場合は、耳たぶを3秒かけて下に引っ張ってから“パチン”と放すなんていう荒療治もありですよ。

5.首や脇の下を冷やして体温を下げる

ペットボトルや缶ジュースを使った眠気解消法

気候の影響や、頭を使いすぎた影響で体温が上がると、どうしても眠気が襲ってくるものです。
ペットボトルや缶ジュースなどの身近なもので、首や脇の下の太い血管を冷やして体温を下げることで、眠気をスカッと吹き飛ばします。

6.脳へ酸素を供給

息を止めることで脳へ大量の酸素を

息をしっかり吐き切ったところで、一度呼吸を止めます。
苦しくなって我慢できなくなるところまで息を止めた後、その次に大きく息を吸ったときには、脳への酸素供給が優先されるのだとか。脳に大量の酸素を供給することで、眠気は解消されます。

7.眠気を覚ますツボ

仕事中でも手軽に押せる「手のツボ」

血行が良くなり、眠気が覚める効果のある「ツボ」を2つご紹介します。
どちらも手の甲側にあるツボなので、仕事中や授業中でも手軽に眠気を解消できますよ。

eye_blog_200616_01

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交差する部分のくぼみです。痛みを感じなくなるまで、少し強めに押してみましょう。

中衝(ちゅうしょう)

中指の爪の付け根にあります。こちらも痛みを感じなくなるまで、少し強めに押してください。

【まとめ】コンタクト装用時に使える眠気解消法の実践を

いかがでしたか?リモートワークが増え、自宅で作業することも多い昨今、コンタクトレンズを装用したまま、ついうっかり“ウトウト”してしまうことが以前より増えたのではないでしょうか?
けれど、そのまま睡魔に負けて寝てしまい、視力矯正のために使っているコンタクトレンズで、目を痛めてしまっていては元も子もありません。
眠たくなっても居眠りしない努力は、大切な目を守るため!
ぜひ皆さんも、今回ご紹介した眠気覚ましの方法をお試しください!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM