MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

最新の「遠近両用コンタクト」は、異なる度数を重ねた“年輪デザイン”レンズ

Pocket
LINEで送る

「最近、スマホや本の小さい文字が見づらい…」
そんな、老眼のはじまりを気にしはじめる世代の、“大人のコンタクトレンズデビュー”が増えています。
老眼対策にピッタリなコンタクトレンズといえば、遠くも近くも見える万能型の「遠近両用レンズ」に違いないのですが、“もっと見えやすい遠近”、“もっと快適な遠近”の研究は、日々、進歩しています。
今回は、『日本初、医療発』、EDOF(イードフ)の原理をとりいれた、まったく新しい遠近両用コンタクトレンズ『SEED 1day pure EDOF』をご紹介し、令和の時代の老眼対策についてお話しします!

1.遠近両用コンタクトレンズに“新たな常識”を

トリフォーカル(3重焦点)、2重焦点のデメリット

これまでの遠近両用コンタクトレンズといえば、1枚のレンズに近くを見るための度数、中間距離を見るための度数、遠くを見るための度数が、真ん中から累進状に配置されている「トリフォーカル(3重焦点)」や、遠く用と近く用を組み合わせた「2重焦点」が定番でした。
これら「トリフォーカル」「2重焦点」の構造でつくられたレンズのデメリットは、遠くから近くを見る瞬間、近くから遠くを見る瞬間のピント切り替え時や、暗い場所で見えにくくなるタイミングがあること。視線を上下左右に動かしたり、まばたきをすると見え方が変化してしまうこと。光を浴びたときのまぶしさなどでした。
これらは、1枚のレンズで「遠くと近く」を見る仕様であるがゆえの、いたし方ない課題であったとも言えるのです。

目をつけたのは、眼科医注目の医療技術「EDOF」

もっと見えやすく、快適に使える遠近両用レンズを求めて、株式会社シードが着目したのが、白内障手術で使用する眼内レンズに採り入れらていた医療技術「EDOF(イードフ)=拡張焦点深度」の原理でした。
EDOFを応用した遠近両用レンズの製品化へ、オーストラリアにある世界的研究機関・ブライアンホールデン視覚研究所と共同で研究・開発。
『日本初、医療発』の、遠近両用コンタクトレンズを製品化することに成功しました。

2.拡張焦点深度「EDOF」=ピントが合う範囲が広い

木の年輪のような「Annual Rings Design」で、遠くから近くまで

「トリフォーカル」や「2重焦点」の遠近両用レンズの問題点を解決する「EDOF」の構造は、「多重度数分布構造」と呼ばれ、近くを見る度数、中間距離を見る度数、遠くを見る度数を、木の年輪のように何重にも連続させています(Annual Rings Design)
だから、今までの「遠くと近く」のどちらかを見る仕様というよりも、「遠くから近くまで」をナチュラルに見ることができます。
近くから遠く、遠くから近くへのピントの切り替えや、まばたきの影響、視線を動かした時のズレ、暗い場所での見えづらさも、常にピントが合う範囲が広い「EDOF」なら、まとめて解決できるんです。

3.老眼は「ピント調節機能」の衰えからはじまる

ピントのズレや見えづらさは、目の健康にも悪影響

いくら度数の合った遠近両用レンズを使用していても、目線を切り替えるたびに視野がボヤケたり、見えにくさを感じることが多いと、ピント調節機能をさらに弱らせてしまいますし、目の筋肉はその都度疲れてしまいます。
そもそも、老眼は、年齢とともに“ピント調節機能”が衰えることから始まるのに、老眼対策のコンタクトレンズがピント調節機能に悪影響を与えるようではいけません。
目の健康のためにも、ピント調節にできるだけ負担をかけないことが大切で、『SEED 1day pure EDOF』のようにピントが合う範囲が広いほど、見え方の安定にもつながります。

4.『SEED 1day pure EDOF』は、安心・安全の国内製造

うるおいキープ、UVカット、高い酸素透過度もバッチリ

令和の時代の老眼対策に試してほしい、新たな遠近両用コンタクトレンズ『SEED 1day pure EDOF』は、Annual Rings Designによる見え方の安定感や快適性だけでなく、安心・安全の国内一貫製造で、その他の性能にもしっかりこだわっています。
レンズ表面の保水力に高い効果を発揮する「両性イオン素材SIB」で、うるおいを長い時間キープ。また、紫外線の影響から瞳をまもる「UVカット機能」や、瞳の健康のために大切な高い酸素透過度も備わっています。
毎日、清潔な状態で、快適に使える1dayタイプのコンタクトレンズだから、老眼対策としてコンタクトデビューを検討している方に、なおさらオススメです!

『SEED 1day pure EDOF』を詳しく知りたい方はこちらをクリック!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM