MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

目だって凝っている!「疲れ目」に効くツボ押しと温め効果で“簡単5分ケア”

Pocket
LINEで送る

仕事中はパソコンを長時間使い、休憩中や移動中はスマートフォンを使っているという人がとても多い時代です。
パソコンやスマホと向き合っている間、目はブルーライトの影響をじわじわと受け、まばたきの回数が減り、気づけば“ドライアイ”になってしまっていることもしばしば。
特に、コンタクトレンズを使っている人の瞳は乾きやすく、目のかすみや痛みなどを感じるシーンが多いのではないでしょうか?
そんな目の違和感は、あなたの目が疲れている証拠。まぶたや目の周りの筋肉も、肩や腰と同じように酷使すれば凝ってしまいます。
今回は、ほんの少しの休憩時間や一日の終わりにたった5分でできる、疲れ目の症状に効果的なケアの方法をご紹介します!

1.目の疲れを感じるメカニズム

“凝視”が招く、目の周りの筋肉の“凝り”

パソコンの作業時やスマホの操作時に、目が疲れやすくなるのは、一定の距離をずっと“凝視”しているからです。
目のピントを調節する「毛様体筋」は、近い距離を見る際、レンズ(水晶体)を分厚くするために収縮します。毛様体筋の緊張状態が長く続けば、当然、筋肉は疲れてしまいます。
目の前の画面を見続けていると、“凝視”の文字通り、目の周りの筋肉は凝り固まってしまうんです。

目のコリをほぐせば、ピント調節機能も回復

目の疲れを軽減するには、パソコンやスマホの画面との距離をできるだけ広くとることが大切です。どれくらいの距離感が目安になるかと言うと、厚生労働省は「最低でも40cm以上」を推奨しています。
また、こまめな休憩をとって、遠くを見るなど、毛様体筋をリラックスさせることも効果的。毛様体筋を少しでも休ませてあげると、ピント調節機能が回復し、疲労の蓄積を軽減することができます。
とは言え、一日中酷使した目の疲れは、そんなに簡単にはとれません。
目のかすみ、重み、痛みを取り、乾燥状態をやわらげるには、眼精疲労に効果的なツボ押しやタオルを使っての温めがオススメです。

2.目の疲れに効く「ツボ」をやさしく指圧

目の疲れに効くとされるツボが、目の周りにはいくつもあります。
その中でも代表的なツボが、「攅竹」「太陽」「晴明」「承泣」の4つです。
それぞれの場所を、やさしく指圧してあげることで、目の神経や筋肉をほぐすことができます。
ランチタイムやコーヒータイムなど、ツボ押しは少しの休憩時間があればどこでもできます。また、自宅に帰ってからリビングでくつろいでいる時間や就寝前のほんの数分を、マッサージタイムにあててみてはいかがでしょう?

スクリーンショット 2019-09-13 14.27.55

攅竹/さんちく

眉頭と上まぶたの間にある少しへこんだ部分が「攅竹」です。
親指でゆっくり外側に押しましょう。

太陽/たいよう

こめかみの少し下にあるくぼんだ部分が「太陽」です。
親指か人差し指でゆっくり押しながら回しましょう。

晴明/せいめい

目頭と鼻の付け根の間にあるくぼみが「晴明」です。
目が疲れた時、自然と指を当ててしまう人が多い場所です。
親指と人差し指を使って、じんわり力を加えながら押しましょう。

承泣/しょうきゅう

両目の中心の真下にあるのが「承泣」です。
骨のくぼみに沿って軽く押さえましょう。

3.目もとをじんわり温めて、血流改善

あったかいタオルを上手に活用

目の疲れの改善には、目もとをじんわり温めてあげることも効果的です。
凝りの原因は、筋肉が収縮することによる血流の悪化です。
お湯を絞ったり、電子レンジで温めた蒸しタオルを使って、両目のまぶたや目頭を温めることで、血流が良くなり、疲れが和らいでいきます。
用意するタオルの温度は、お風呂の湯温に近い約40℃が目安。目もとに乗せている時間は、5分前後をおすすめします。

【まとめ】目の疲れの“ためすぎ”には要注意

パソコンやスマートフォンを日常的に長く使用する人なら、程度の違いはあれど、目の疲れや凝りを感じていると思います。
目の健康を保つためにも、仕事の合間や一日の終わりに、疲れ目に効果のあるツボ押しやホットタオルを使って温める習慣をとり入れてみましょう。
とは言え、眼精疲労は癖になってしまうものでもあります。疲れや違和感を感じた時の対処は“その場しのぎ”。何より大切なのは、規則正しい生活を送ることです。
休憩、食事、十分な睡眠をとることが、目の疲れや精神的ストレスを“ためすぎない”一番の方法です。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM