MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

目にも日焼け対策が不可欠!?知るほど怖い紫外線のはなし

Pocket
LINEで送る

じめじめした梅雨もすっかり明けて、うだるような暑さが続く毎日ですが、皆さん夏バテしていませんか?
夏本番になると、海に山に、夏フェスにと野外レジャーの話題が多くなってきますよね。そんな時に気になるのが、やっぱり紫外線ではないでしょうか。
日焼け止めをしっかり塗って、帽子をかぶって準備万端!でも、意外と見落とされがちなのが目の対策。実は、日焼けや他の健康被害を防ぐには、肌はもちろん紫外線から目を守ることが大切だと知っていましたか?今回は意外と知られていない目と紫外線の関係についてまとめました。

1.そもそも紫外線って何?

「紫外線=ultraviolet(ウルトラバイオレット)」とは太陽光のなかで、可視光線より波長が短くエネルギーの高い光のこと。よく耳にする「UV」はこの略称です。
紫外線は大きくUVA・UVB・UVCの3種類に分類され、そのうち地球に届いているのはUVA(95%)とUVB(5%)だと言われています。
UVBは量自体は少ないものの、UVAより強いエネルギーを持っていて、オゾン層の破壊によって地球に届く量が年々増えています。そしてこのUVBこそが、生物に大きな悪影響を与えるのです。

2.日焼けだけじゃない!紫外線と目の病気

紫外線と聞いて真っ先に思い浮かべるのは肌の日焼けではないでしょうか。しかし、意外にも一番多いのが目の病気なんです!
紫外線による目の病気として代表的なものは、白内障、翼状片(よくじょうへん)、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)などが挙げられます。
皆さんご存知の白内障は、長年浴び続けた紫外線が水晶体に蓄積されることで組織が変化して起こる病気です。近年の紫外線量の増加によって、ひと昔前より白内障発生率の年齢が若くなってきていると言われています。
また、コンタクトレンズを装用する人の間で増えている「角膜炎」も、紫外線が原因で起こる場合があります。一般的な角膜炎は細菌の感染で発症しますが、
強い紫外線を浴びると角膜が傷つき、黒目の表面から炎症を起こすことがあります。これが目の日焼け=紫外線角膜炎です。紫外線角膜炎になると、充血や異物感、目の痛みを感じることがあります。

3.目にうけた紫外線は肌にも悪影響を及ぼす!?

意外と知られていないのが、目から受けた紫外線は、実は肌にも悪影響を及ぼすということ。つまり、目からの紫外線が、肌の日焼けにつながってしまうのです!
目が紫外線を浴びるとまず、角膜が炎症を起こします。そして、その炎症が刺激になり脳下垂体に伝達され、体の防衛本能として紫外線を吸収しようとするメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。メラニン色素はご存知の通りシミの原因。これによって肌の老化も進んでしまいます。

4.コンタクトレンズもUVカットの時代

長時間日光を浴びる場合、目を守る必要があることをご理解いただけましたか?ではどうやって目から入る紫外線を防げば良いのでしょうか。いちばん身近なのは、サングラスかも知れませんね。
しかし、サングラスを選ぶ場合は形に注意が必要です。サングラスと顔の間に隙間が多いと紫外線が隙間から入り込んでしまい、角膜周辺で屈折した後、目の鼻側に集中してしまいます。この結果、合わないサングラスを使うことで、普段よりも強い紫外線ダメージを受けることになりかねません!できるだけ顔との隙間がないものを選ぶようにしましょう。
また、最近ではコンタクトレンズにもUVカット機能付きのものがたくさんあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。コンタクトレンズなら、紫外線の屈折や集中の心配はありません!1Dayタイプから2WeekタイプまでUVカットコンタクトレンズは種類も豊富に登場しているので、シーンによって使い分けてみるのもおすすめです。
自分に合ったUVカットコントクトレンズを使って、紫外線を気にせず夏の野外イベントをエンジョイしましょう!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM