MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

まるでSF映画!?未来を予感させるスマートコンタクトレンズ

Pocket
LINEで送る

これまで当コラムではコンタクトレンズのHow toや健康情報が中心でしたが、今回は少し趣向を変えてコンタクトレンズの未来をご紹介!皆さんは「スマートコンタクトレンズ」をご存知ですか? スマートコンタクトレンズとは、Google、Samsung、SONYなど各社がこぞって開発を進めている次世代のウエアラブル機器のことです。実現すれば、コンタクトレンズで写真を撮ったり、ARを体験したりできる可能性を秘めています。

1.スマートコンタクトレンズ=ウエアラブル機器

スマートコンタクトレンズの知る前に、ウエアラブル機器について知る必要があります。ウエアラブル機器とは、身につけて持ち歩ける機器のこと。単に持ち運べるだけではなく、腕時計やメガネなどのように、実際に身体に身につけられる機器を指します。最近では、スマートウォッチ等が注目を集めています。つまり、スマートコンタクトレンズは、従来のコンタクトレンズような視力矯正のための道具ではなく、数値を図ったり、外部端末と連携する等の機能を持った、まったく新しいコンタクトレンズなのです。

2.医療向け?Googleのスマートコンタクトレンズ

Googleがスマートコンタクトレンズの開発を進めていることは、2014年の1月に発表されています。同年7月には、スイスの医薬品・医療機器メーカーがGoogle社との提携を発表。糖尿病患者向けに血糖値測定ができる医療レンズのほか、度数の変更ができるタイプや無線アンテナ内蔵のものなどの開発が進められていると言われてきました。その後、Googleは2016年秋の発表で、血糖値をモニターしてインスリンを自動投与するコンタクトレンズの特許全文を公開しました。医療用スマートコンタクトレンズの実用化は、近い将来実現しそうです。

3.スマホ連携ができる?サムスンのスマートコンタクトレンズ

サムスンは、2014年9月にスマートコンタクトレンズの特許を申請。2016年3月にようやく特許取得となり、カメラやトランスミッタ(電気信号送信機)などを内蔵したレンズを開発中と発表されています。このスマートコンタクトレンズはスマートフォンと連携し、瞬きによってレンズを通じて出された指示が、連携しているスマートフォンに送られて処理されます。写真や動画も、レンズを通して閲覧できるようにスマートフォンから送信することが可能だと言われています。

4.目で写真撮影!SONYのスマートコンタクトレンズ

SONYは、2016年にスマートコンタクトレンズのカメラ機能の特許を申請しています。こちらはカメラの機能にこだわり、ブレ防止機能や絞り調節など、通常のカメラと同じような機能がついているとのことで、高画質の写真撮影が可能になりそう!無線通信でデバイスに撮影画像を送る機能も期待されていて、実現すればスパイ映画の世界が現実になりそうです。

5.コンタクトレンズを使ったAR体験が可能に!?

昨年秋、医薬部品メーカーEPGLは、iPhoneと連携してARアプリによる映像を投影できるスマートコンタクトレンズの開発をAppleの協力を得て進めていることを明らかにしました。スマートコンタクトレンズの外周に沿ってセンサーやストレージ、電子回路などが埋め込まれ、一般的なコンタクトレンズと同じ感覚で装用することが可能。Google GlassなどのようなVRグラスと違い、着用していても周囲に気づかれません!また、スマートコンタクトレンズの場合、VRグラスの「縁」のような視界を遮るものがないため、非常にクリアで見やすいと考えられます。
また、2016年8月に、NiantecがポケモンGO専用のスマートコンタクトレンズを開発すると発表しています。この発表がEPGLと関係しているのかは定かではありませんが、今後iPhoneとスマートコンタクトレンズを連携させ、ゲームを含むさまざまなARが体験できる未来も遠くないかもしれません。

6.【まとめ】目が良くてもコンタクトレンズをつける日は近い?

各社が開発を進めているスマートコンタクトレンズは、いずれも従来の視力矯正ではない、新しい価値を市場に与えるでしょう。このコラムの筆者も目が悪いのですが、コンタクトレンズはなんとなく怖くてこれまで装用したことがありませんでした。でも、カメラ機能が付いたスマートコンタクトレンズには興味津々です。近い将来、目がいい人も新しいデバイスとしての機能を求めて、スマートコンタクトレンズをつける日が来るかもしれません。業界の動向に注目したいところです。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM