MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

知っておくと安心!コンタクトレンズのスムーズな外し方のコツ

Pocket
LINEで送る

コンタクトレンズが初めての人ならなおさら、正しい外し方を覚えていなくて、パニックになってしまうかも!?
もし、レンズが目にピッタリはりついている時に無理やり外すと、目が痛くなったり、目をキズつけたり、レンズが破けたりしてしまうので注意が必要です。
目の安全を守るためにも、安心してコンタクトレンズを使うためにも、きちんとした外し方をマスターしましょう!

1.そもそも違う!ソフトとハードのコンタクトの外し方

ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズでは、正しい外し方が違います。自分のコンタクトレンズに合わせて、正しい外し方を身につけましょう!

1-1 コンタクトレンズを外す前にしておくべきこと

コンタクトの正しい外し方を行う前に、確認したいことが2つあります。

1.爪の長さを確認する
爪が伸びている場合は短く切りましょう。爪が伸びていると、レンズを傷つける場合があります。

2.手をよく洗い、しっかり乾かす。
汚れた手でレンズを触ると、レンズも汚れてしまいます。指先に水分が残っていると、外す時にずれやすくなります。
また手に残った水道水が、レンズに付着することで、膨張や変色が引き起こされる場合があります。また、水道水などには微生物が含まれている可能性もあるため、感染症などの眼障害を予防する上でも乾いた手で行いましょう。

2.ソフトコンタクトレンズの外し方

2-1 ソフトコンタクトレンズの外し方

step.1
鏡を見ながら両眼を大きく開け、レンズが黒眼にのっていることを確認します。

step.2
両方の人差指を上下まつ毛の生え際にあて、まぶたを引きながらレンズ全体を露出させます。

step.3
そのまま、まぶたを耳側に引きながら、レンズをまぶたの縁で、はさみつけるようにします。

step.4
レンズの下に空気が入って浮き上がってきたら、まぶたを押さえている指で眼を軽く閉じるようにすると、スムーズに外れます。

2-2 ソフトコンタクトレンズを外すときのちょっとしたコツ

まず、利き手の中指の水分はしっかりと拭いておきましょう。中指が濡れていると、下まぶたを下げるときに指が滑ってしまい、目を大きく開けません!
鏡を見るときは、少しあごを引いて、上目づかいに見てみて。レンズの位置がよく分かるはす! そして、利き手の中指で下まぶたの真ん中を下げながら、利き手の人差し指でレンズの下の部分(ちょうど、時計の6時の方向)をほんの少しだけ下にズラしながら、親指を添えてレンズの下の方をつまんでみましょう。黒目の左右(時計の3時と9時の方向)をつまむより、外しやすいかも!それでもちょっと外しにくいときは、指先をほんのすこし濡らしましょう。 もし、いつも左右どちらかの側だけレンズを外しにくい・・・なんて思っている人は、鏡を見るときに黒目の位置が目の真ん中に来るようにしてみると良いかもしれません。

3.ハードコンタクトレンズの外し方

3-1 ハードコンタクトレンズの外し方①まばたきで外す方法

step.1
鏡を見てレンズの位置を確かめます。レンズが角膜(クロ目)からずれているときは、必ず角膜にレンズを戻してから外してください。

step.2
レンズより目を大きく開けます。外す目と同じ側の人さし指を目尻にあて、目を大きく開けたまま耳側やや上方にひいてまばたきをするとレンズが外れます。

step.3
もう一方の手のひらで、落ちてくるレンズを受けとめます。

3-2 ハードコンタクトレンズの外し方②まぶたでひっかける方法

step.1
鏡を見ながら両眼を大きく開け、レンズが黒眼にのっていることを確認します。利き手の反対側の手の人差指を上まぶたのまつ毛の生え際に、利き手の人差指を下まぶたのまつ毛の生え際にあて、眼を大きく開けます。

step.2
上まぶたを押さえた指を引き上げてレンズの上端をまぶたで押さえます。

step.3
上まぶたを押さえた指を引き上げてレンズの上端をまぶたで押さえます。下まぶたを押さえた指を静かに押し上げ、まぶたでレンズをすくい出すようにして外します。まぶたの赤い部分が出ないように、また下まぶたを押し上げるときに、無理な力を入れないように注意しましょう。

3-3 ハードコンタクトレンズを外すときのちょっとしたコツ

取りづらいハードコンタクトを外すなら「スポイト」が便利!「なかなか外れてくれない、どうしよう。」そんなときにオススメなのが、秘密道具「スポイト」です。実は、ハードコンタクトレンズはその外しにくさから、外す時専用のスポイトが販売されています。スポイトは目が傷ついてしまうので、やめた方が良いという声もときどき聞かれますが、正しい外し方をマスターすれば、なかなか外せないときや必要以上にまぶたを引っ張ってしまうという人にとっては、すごく有効な外し方なんです。

4.コンタクトが目に張り付いて、外れにくい場合の外し方

コンタクトをつけたまま居眠りをしてしまったり、涙の減少や、入浴後でシャワー水などが目に入るなどの理由で、レンズが目に張り付いている場合は、コンタクトが外しにくいもの。そんな時は、以下の方法で外しやすくすることができます。

  1. 1.コンタクト専用の目薬をさしてまぶたを閉じる
  2. 2.目とレンズを目薬で潤した後
  3. 3.しっかりしたまばたきを数回繰り返す
  4. 4.眼球でレンズが動くか確認する

レンズが動くようになれば、外す前の目とコンタクトの準備は完了です。いつも通り外してみましょう!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM