MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

よく聞くコンタクトレンズの含水率って、結局高い方がいいの?

Pocket
LINEで送る

ソフトコンタクトレンズのデータには「含水率」というものがあります。これは文字のまま、そのレンズにどれだけ水分が含まれているかを表す値のことを言います。酸素透過率などに比べると軽視されることの多い値かもしれませんが、含水率はコンタクトレンズの付け心地や乾きにくさに大きく影響します。コンタクトレンズのユーザーなら、その概要を知っておいても損はないでしょう。この記事では、コンタクトレンズの含水率についてまとめています。

1.そもそも含水率って何?

含水率とは文字通り、そのコンタクトレンズがどれだけの水分を含んでいるかを表す値です。含水率が50%を超えるものは高含水コンタクトレンズ、含水率が50%を下回るものは低含水コンタクトレンズと呼ばれています。含水率はソフトコンタクトレンズにのみ存在する概念で、水分が一滴も含まれていないハードコンタクトレンズに含水率の概念はありません。
一般的に、含水率が高いコンタクトレンズは付け心地が良い反面乾きに弱く含水率が低いコンタクトレンズは付け心地が硬い反面乾きに強いと言われています。また、含水率の低いコンタクトレンズの方が、汚れに対しても強いとも言われています。

2.なぜ含水率の高いコンタクトレンズは乾きやすいのか

ソフトコンタクトレンズは「含水性素材」という素材でできてて、スポンジに近い性質を持っています。そのため、長時間外に出ているとレンズ自体が乾いてきてしまい、眼球上の涙を吸収してしまいます。高含水のコンタクトレンズが乾きやすいのは、低含水のコンタクトレンズに比べて多くの水分を含むことができるからです。多くの水分を含有できる分、一度レンズが乾ききってしまった時に、もとの潤いを取り戻すために多くの水分が必要になります。一度着用したコンタクトレンズが再び元の状態まで水分を取り戻すのは難しく、レンズはどんどん眼球上の涙を吸収してしまいます。そのため、高含水のコンタクトレンズは、低含水に比べより多くの水分を吸収するので、乾きを感じやすくなるのです。

3.含水率の高いコンタクトレンズは汚れにも弱い?

高含水のコンタクトレンズは、低含水のコンタクトレンズに比べて汚れにも弱いと言われています。水分を多く含んでいる方が、汚れやばい菌が蓄積しやすいからです。ただ、ソフトコンタクトレンズは含水率の高低はあるにせよ、水分を含んでいるので、含水率が高いか低いかで汚れやすさが大きく変わるわけではありません。含水率が高くても特殊な加工によって汚れにくくなっているレンズもあるので、含水率と汚れの関係に関しては、そこまで神経質にならなくても良いかもしれません。

4.じゃあ含水率の低いコンタクトレンズの方がいいの?

これまでの説明だと、含水率は低ければ低い方がいいような気がしてしまうかもしれません。もちろん、衛生上のことを考えるなら、含水率が低い方がメリットも多いですが、快適に使っていくことを考えるなら、ある程度以上の含水率は必要になります。また、高含水のコンタクトレンズの中には、特殊な技術を用いて乾きへの耐性を付けているものがあるので、含水率を見ただけで良し悪しは判断できません。コンタクトレンズを選択する際は、含水率だけでなく、その他乾きや汚れに関係するさまざまな要素も含めて検討してみるといいでしょう。

5.含水率+コンタクトレンズの素材に注目しよう!

コンタクトレンズに使われている素材には、様々な種類があります。例えば、2-HEMAやPVAなどメーカーによっても微妙に違っていたり、専門的すぎてとても分かりにくいです。そこで、ここでは簡単に大きく2つに分けます。
1つは、普通の素材。例えば、ワンデーアキュビューやデイリーズアクアなどに
使われている素材です。使い終わったあとに目からレンズを外して放置しておくと、パリパリになってしまう素材です。もう1つは、シリコーンハイドロゲルと呼ばれる素材です。シリコーンハイドロゲル素材は、目からレンズを外して放置しておいても、普通の素材のようにパリパリになることはない、ちょっと粘度が高い感じの素材です。ワンデーアキュビュートゥルーアイ等はこの素材です。
含水率が高いほうがいいのか?低い方がいいのか?という話は、2つの素材によって真逆になります。結論から言えば、シリコーンハイドロゲル素材の場合は、含水率が低い方が良く、反対に、普通の素材の場合は、含水率が高いほうが良いとされています。なぜ真逆になってしまうのかというと、シリコーンハイドロゲルという素材は水よりも多くの酸素を通すことができるからです。
シリコーンハイドロゲルが開発されるまでは、水が一番酸素を通すのに適した素材でした。だからこそ、より多くの酸素を目に通すことができるように、含水率が高いコンタクトレンズが開発されてきました。その反面、含水率の高いコンタクトレンズはドライアイになりやすいというデメリットもありました。
その後、シリコーンハイドロゲルという素材が登場し、水よりも酸素を通すことができるので、むしろ含水率を低くしたほうが酸素を多く目に通すことができるようになりました。
いずれにせよ、含水率が気になる場合には、そのコンタクトレンズがどの素材を使っているのかということに注目したうえで、眼科医や販売店のスタッフに相談すれば良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM