MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

「さかまつげ」の症状にコンタクトユーザーが気をつけること

Pocket
LINEで送る

乳幼児やお年寄りの世代に多い「さかまつげ」ですが、まぶたの形状や何らかの原因によって、大人になってからも悩まされる人がたくさんいます。
さかまつげは、目の痛み、充血、異物感、目やにの多さなどの症状を引き起こすだけでなく、コンタクトユーザーにとってはレンズが装着しずらい理由の一つになるなど、やっかいな目の病気です。
そんな「さかまつげ」は、どのような理由で発症するのか、コンタクトレンズの装用に影響はないのかなど、気になる点をご紹介します。

1.まつげが内側に向かって生える「さかまつげ」

短くも頼りになるまつげが、本来とは逆の方向へ

通常、人のまつげは、まぶたから目の外側に向かって生えており、汗やホコリ、日差しなどが目に入るのを防いでくれる、短くも頼りになる体毛です。
しかし、「さかまつげ」は、本来とは真逆の内側に向いて生え、角膜に触れてしまっている状態のことを言います。
そして、「さかまつげ」にもいくつかの原因や種類があり、症状それぞれに対処法も変わってきます。

2.乳幼児に多い「睫毛内反」

筋肉の発達とともに自然治癒

さかまつげの症状の一つである「睫毛内反(しょうもうないはん)」は、まつげが目の内側に向いて生えている状態で、まぶたに皮下脂肪が多い乳幼児によく見られます。
子育て中の保護者にとっては心配の種と言えますが、小さい子どもはまつげ自体が柔らかく、それほど痛みを感じないそうです。
まぶたの筋肉が発達し、顔全体が引き締まり始めると、まつげは自然に外側に反ることがほとんどです。

3.大人でも起こりうる「睫毛乱生」「眼瞼内反」

まつげの生え方の変化は、加齢による筋肉の衰えが原因!?

まつげがさまざまな方向に生え、目の内側の角膜を傷つけてしまう症状が「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」です。
また、まぶたの形が変わり、内側に折れてくる症状を「眼瞼内反(がんけんないはん)」と言います。
どちらの症状も、まぶたの筋肉が衰えはじめたお年寄りに多く見られますが、年齢を問わず、誰にでも起こる可能性があります。

大人の「さかまつげ」は、自然治癒が見込めません

乳幼児の「睫毛内反」とは違い、大人になってからのさかまつげは、時間が経てば自然に治るものではありません。
目の内側を向いて生えているまつげを抜く応急処置の方法もありますが、場合によっては、まつげの生える方向を根元から変える手術が必要になります。
さかまつげは、角膜の表面を傷つけたり、抜け落ちたまつげが目の中に残りがちになります。症状に気づいたら、できるだけ早く眼科を受診しましょう。

4.さかまつげとコンタクトレンズ

内側を向いたまつげが装用時の邪魔に

さかまつげの症状は、まぶたの腫れなどによる一時的なものもあれば、眼科での治療が必要なものまで、治癒するまでの時間や方法はさまざまです。
本来とは違う方向に生えたまつげが、目の角膜を傷つけてしまうと、結膜炎などの眼病の発症リスクが高くなるだけでなく、痛み、かゆみなどの違和感も伴います。
また、コンタクトユーザーにとっては、レンズの装用時に目の内側を向いたまつげが邪魔になり、いつも通りに装用できないこともあるでしょう。
瞳を傷つけてしまう恐れのあるまつげをレンズで巻き込んでしまったり、装着時にチクチクとした痛みを感じる場合は、コンタクトの使用を控えましょう。

5.コンタクトで一時的なさかまつげ対策

黒目全体を覆えるソフトレンズがおすすめ

さかまつげの症状が分かり次第、できるだけ早く眼科を受診して、適切な処置をしてもらうことが大切です。
ただし、一時的ではありますが、コンタクトレンズを着けることが、さかまつげに効果的な対策になる場合もあります。
なぜなら、瞳に装着したレンズによって、内側を向いて生えたまつげが角膜に直接触れることを防げるからです。特に、黒目全体を覆うことができる大きさのソフトコンタクトレンズがおすすめです。
とは言え、勝手な判断は禁物です。コンタクトを着けていない時間はもちろんありますし、すでに瞳に何らかの影響がある場合は、症状を悪化させてしまうかもしれません。
きちんと眼科医の指示に従い、早期治癒に努めましょう。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM