MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

最近人気の「サークルレンズ」。人気の秘密とおすすめサークルレンズをご紹介!

Pocket
LINEで送る

最近、テレビなどで見かける機会も多い“サークルレンズ”のCM。素敵な女優さんが使っていて「ちょっと使ってみたいな」と興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、目の印象を簡単に変えることのできるサークルレンズについてご紹介したいと思います。おすすめのサークルレンズもピックアップしてますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.サークルレンズってどんなもの?

サークルレンズとは、前面にカラーが入ってるカラコンとは違い、レンズのフチに色が入っているレンズのことを指します。黒色や茶色系のナチュラルなカラーのものが多く、見た目に違和感がないことから自然に見えると男女問わず人気を呼んでいます。

2.カラコンとサークルレンズってちがうの?

カラコンとサークルレンズは、一見見た目が似ているデザインのものも多いので、はっきりとした違いがわからない方もいらっしゃると思います。そこで、カラコンとサークルレンズの違いをそれぞれあげてみました。

2-1 カラーコンタクトレンズ

カラコンは、はっきりとした色やデザインのものが多く、バリエーションも豊富なため、ファッションの一部として楽しむ人が多いレンズです。レンズの全面に着色が施されているため「瞳の色味自体を変えることができる」のが特長です。

2-2 サークルレンズ

サークルレンズは、黒目の外側にサークルがくるようにデザインされているので「本来の瞳より大きく見せることができます」。これが一番の特長です。そして、自然なカラーのものが多いため、装用していることがばれづらく、あくまでも自然に印象を変えることができるのがメリットです。

3.おすすめサークルレンズをご紹介!

「でも、サークルレンズってたくさん種類があってよく分からない!」って方も多いはず。ここでは、おすすめのサークルレンズをいくつかご紹介したいと思います。

シード Eye coffret 1day UV

「シード Eye coffret 1day UV」は、瞳の輪郭を際立たせる、超薄型UVカット機能付きサークルレンズ。「Base Make」・「Natural Make」・「Rich Make」・「Grace make」の4種類があり、その日の気分やファッションに合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。
  • ・非イオン性レンズ
    タンパク質などの汚れがつきにくく、乾燥しにくい素材を使用。
  • ・超薄型レンズ
    中心厚は0.05mm(-3.00Dの場合)の超薄型。なめらかで快適なつけ心地。
  • ・インナーカラー構造
    着色部分が瞳に直接触れない構造なので、安心。

ワンデーアキュビュー ディファイン モイスト

日本人の瞳をもっとも輝かせるといわれている、“瞳の黄金比率”(白目1:黒目2:白目1)に近づけてくれる「ワンデーアキュビュー ディファインモイスト」。カラーやデザインのバリエーションが全6種類あり、なりたいイメージやシーンに合わせて選べます。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・瞳本来の輝きを活かすデザイン
    瞳の模様をもとにしたデザインと、独自の繊細な着色プリント技術により実現した透明感あふれるデザインで、瞳本来の美しさを引きだす。
  • ・瞳の安全性にも配慮
    色素が直接瞳に触れないサンドイッチ構造を採用し、着色部でも酸素が瞳まで届く設計。
  • ・朝から夜まで潤い続く
    レンズ内に閉じ込めた保湿成分が水分をキープして、ずっとレンズを保湿。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。

シード ヒロインメイク 1day UV

“天まで届け!マスカラ”で有名なヒロインメイクとSEEDが共同開発した、超薄型UVカット付きサークルレンズ「シード ヒロインメイク 1day UV」。ヒロインメイクオリジナルのカラーとデザインで瞳の輪郭を際立たせてくれます。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。
  • ・非イオン性レンズ
    タンパク質などの汚れがつきにくく、乾燥しにくい素材を使用。
  • ・超薄型レンズ
    中心厚は0.05mm(-3.00Dの場合)の超薄型。レンズ周辺部は、SEED独自の「スムース・エッジ・デザイン」を採用。快適なつけ心地を実現。
  • ・インナーカラー構造
    着色部分が瞳に直接触れない構造なので、安心。

【まとめ】

いかがでしたか?あくまでも自然に瞳を大きくみせてくれたり、印象を変えてくれるサークルレンズ。学校や職場につけていきたい方でも安心して取り入れることができますよね。春の新生活に向けて、サークルレンズを活用してイメージチェンジを図ってみてはいかがでしょうか?お試しもできますので、一度眼科で相談してみてくださいね!

Pocket
LINEで送る

BOTTOM