MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

手術不要!専用レンズで行う近視矯正治療“オルソケラトロジー”

Pocket
LINEで送る

みなさんは“オルソケラトロジー”という言葉をご存知ですか?オルソケラトロジーとは就寝時に専用レンズを装用し、近視や近視性乱視の方の視力を手術せずに矯正する治療方法のこと。ケアの方法や感染症のリスクは一般的なハードコンタクトレンズと同様と言われているので、安全面からも幅広い年代の方に普及している近視矯正治療のひとつです。今回は、オルソケラトロジーについて学んでいきましょう。

1.オルソケラトロジーの歴史

オルソケラトロジーはアメリカでは30年以上前からはじまり、その後ヨーロッパ・アジアを中心に広まり現在は世界各国で治療がおこなわれています。日本では2009年に厚生労働省の承認を受け、徐々に普及がはじまりました。現在では、全国の指定眼科にてオルソケラトロジーを受けることが可能です。

2.矯正って?オルソケラトロジーの仕組みとは

2-1 オルソケラトロジーの仕組み

オルソケラトロジーに使用されるのは、中央が扁平になっている特殊な形状のハードコンタクトレンズです。このレンズを就寝時に装用すると、角膜に圧力が加わり一時期的に角膜の形状が矯正されます。翌朝、レンズを外しても角膜の形状はしばらく持続するため、一時的に近視や近視性乱視の視力が回復し日中は裸眼で快適に過ごせるという仕組みになっています。

2-2 オルソケラトロジーの矯正手順

step1:就寝前に専用レンズを装用します。

網膜より前でピントが合ってしまうため像がぼける屈折異常の状態が近視です。

step2:装用したまま就寝します。

就寝している間に、専用レンズがピントが合う正常な位置に角膜を矯正します。

step3:翌朝レンズを外します。

レンズを外しても、一定期間は角膜の形状は保たれるので裸眼で過ごせます。

3.持続効果はどのくらい?

オルソケラトロジーは治療開始直後は矯正の持続効果は弱いですが、毎日装用を続けることで安定した裸眼視力が得られるようになると言われています。しかし、あくまでも視力矯正が一定期間持続することで裸眼で過ごせるという方法。時間が経てば徐々に見えづらくなっていくため、視力が回復する治療法ではありません。個人差はありますが、治療を中止すれば角膜を元の状態に戻すことが可能です。この点が、角膜を削って視力を矯正するレーシック手術との大きな違いです。

4.専用レンズのケア方法って難しそう・・・

オルソケラトロジー専用レンズのケア方法は、通常のハードコンタクトレンズとほぼ同じです。ただ、オルソケラトロジー専用のレンズは夜間装用をするため酸素透過性が高い素材を使用しています。酸素透過性の高い素材は汚れが付きやすいのため、念入りなケアが必要になってきます。レンズのこすり洗いを徹底し、レンズケースの洗浄も怠らないように注意しましょう。ちなみに専用レンズの寿命は、だいたい3~5年ほどです。

5.治療を受けられるのは大人だけ?

オルソケラトロジーは、以前は20歳以上が対象となっていましたが、長年に渡りオルソケラトロジーのガイドラインの見直しがおこなわれ、2017年12月に子供にも治療が出来るようになりました。むしろ子供の角膜は柔軟なため、オルソケラトロジーの治療効果は高いとされています。

6.オルソケラトロジーの費用

最後に気になるのはやはり費用ですよね。オルソケラトロジーの治療費は医療費控除の対象となり、各眼科によって違いますが一般的に10~20万円程度(両眼・診察料込)。多くの眼科では、まず最初に治療が可能か判断する適応検査(5,000円程度)を受けます。適応可能な場合は1日~1週間お試しして、効果があれば購入が出来るようになっているので安心して治療を始められます。

【まとめ】

オルソケラトロジーは、高度管理医療機器(専用レンズ)を使用した専門的治療です。治療法は装用して眠るだけと簡単ですが、眼科専門医の指示による
装用スケジュールを守って治療を進めることがとても大切になります。また目の状態や角膜の形状によっては治療を受けられない場合があるので、検討される方は適正な検査のもとメリット・デメリットをしっかりと理解して治療を受けるようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM