MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

コンタクトが目の裏側に!?正しい探し方と取り出し方を紹介

Pocket
LINEで送る

激しい運動をしたり、目が乾燥気味の時、突然コンタクトが目からなくなって慌てた経験はありませんか?“目の裏側にコンタクトが入った”って話も聞きますが本当なのでしょうか?今回は、突然目の中で消えたコンタクトレンズの正しい見つけ方と取り出し方を紹介します。

1.コンタクトレンズが目の裏側にいくことはない!

まず結論からいうとコンタクトレンズは、決して目の裏側に入り込んだりはしません。目には、白目と瞼の裏が繋がっている「結膜のう」と呼ばれる袋状の組織が存在するため、異物はそこでせき止められ裏側に何かが入り込むということは考えられないのです。上か下の瞼と眼球の間に隠れてるか、もしくは何かの拍子に落としてしまっているかのどちらかなので、まずは落ち着きましょう。

2.最初にコンタクトレンズの居場所を確認

では、コンタクトレンズはどこにあるのでしょう?肉眼では確認できないコンタクトレンズの所在を確かめる方法をいくつかご紹介します。

方法その1

最初に目薬をさして瞳を潤します。これは大抵、コンタクトレンズがズレる原因は乾燥だからです。十分に瞳が潤ったら鏡を見て、目を左右上下にゆっくりと動かしてコンタクトレンズがどこにあるか探します。

方法その2

コンタクトレンズ自体を発見できなくても、瞼を上下に引っ張りながら瞳を左、右、上、下へと動かし異物感があればコンタクトレンズは目の中にあります。

方法その3

瞼を閉じて、ゆっくりとマッサージするように指の腹で触ります。強くこすると、眼球が傷ついたり、コンタクトレンズがもっと奥に入ってしまう原因になるのであくまでも優しくゆっくり触ってください。コンタクトレンズが瞳孔(黒目)へと戻ってくる場合もありますし、指の感覚でコンタクトレンズの居場所が分かることもあります。

上記のどの方法でも、見つからない場合はコンタクトレンズを落としてしまっている可能性が高いので、慌てず周囲や衣服に付着していないか確認するようにします。
また、ソフトコンタクトレンズは柔らかいため、目の中でヨレたり小さく折りたたまれてしまうことがありますので慎重に探してみましょう。

3.見つけたコンタクトレンズを慌てて取るのは危険!

コンタクトレンズの場所を確認できたあと、無理やりはがしたり、引っ張り出すと傷や炎症を引き起こす原因となるので危険です!下記の方法のいずれかで慎重に取り出してみてください。

  • ・水をためた洗面器に顔を入れ、コンタクトレンズがある方の瞼を引き下げながらパチパチとまばたきをします。
  • ・コンタクトの場所が分かれば、目薬をさしてからコンタクトレンズを指の腹で中央に動かし取り出します。
  • ・上側の結膜のうは、下側や左右に比べスペースが広いので、かなり奥の方までコンタクトレンズが移動している可能性があります。その場合、自分では取ることは危険なので眼科で取ってもらうようにしましょう。

4.突然コンタクトレンズが消える原因とは?

では、コンタクトレンズが急に視界から消えてしまう原因はどこにあるのでしょう?一番の原因は、乾燥です。乾燥により、まばたきや何かの拍子にレンズがずれてしまいコンタクトレンズが目のどこかに隠れてしまうのです。特に、コンタクトレンズをしたまま寝てしまったときなどに起こりやすいといわれています。また長時間のパソコン作業や目を駆使する作業でのドライアイにも注意が必要。コンタクトレンズの装用時間を短くしたり、こまめに目薬をさして事前に目の乾燥を防ぐことが大切です。

【まとめ】

いかがでしたか?目の中でコンタクトレンズがなくなった場合は、「裏側に入ったかも!」と慌てず、正しい方法で一度探してみてください。
上記の方法でも見つからない場合でも、探せないだけで目の中に残っている可能性は多分にあります。放置せず必ず病院に行き、眼科で対処してもらいましょう!イギリスで目の中から27枚もの使い捨てコンタクトレンズが見つかった驚きのニュースもありました。これは稀な例かも知れませんが、大切な目に何か起こってからでは遅いのです。これを機会に正しい対処法を覚えておきましょう。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM