MENU

topics目とコンタクトの
大事な知識

かすみ目・疲れ目!加齢によるその“見えずらさ”!遠近両用コンタクトレンズが解決します。

Pocket
LINEで送る

かすみ目・疲れ目!加齢によるその“見えずらさ”!遠近両用コンタクトレンズが解決します。
40代以上のみなさん。最近、手元を見るときピントが合いづらい、視界がかすむと感じることはありませんか?それは、加齢によるピント調節機能の低下…つまり老眼かもしれません。そんな時、老眼鏡ではなく「遠近両用コンタクトレンズ」を選択する方が今増えています。今回は、大人のためのコンタクトレンズ「遠近両用コンタクトレンズ」について詳しく学んでいきたいと思います。

1.加齢による「見えづらさ」はなぜ起こるの?

私たちの目は、ものを見るとき自然とピントを調節してくれています。このピント調節は「水晶体」と呼ばれる組織で行われています。一般的に、水晶体は40代歳前後になると弾力性の低下により調節力が弱まると言われていて、近くのものを見たり小さい字を読んだりといったことが難しくなってきます。ピント合わせがスムーズに行えない、これがいわゆる「老眼」と呼ばれる症状です。

2.老眼の人に最適な「遠近両用コンタクトレンズ」

ピント合わせがスムーズに行えないと日常生活のあらゆる場面で不便を感じ、ストレスを感じてしまいますよね。そこでぜひおすすめしたいのが「遠近両用コンタクトレンズ」。遠近両用コンタクトレンズは、1枚のレンズに「近くを見るための度数」と「遠くを見るための度数」が入っていて、勝手にピント調節を行ってくれる便利なコンタクトレンズです。

3.老眼鏡や遠近両用メガネとはなにが違うの?

老眼鏡は、基本的に近くのものを見えやすくするためのメガネです。遠近両用メガネはレンズの部分によって矯正方法が異なり、遠くを見るときはレンズの上部分、中間距離ではレンズの中心あたり、近くを見るときはレンズの下の部分で見るというように目線を変える必要があるので中には疲れてしまう方もいます。その点、遠近両用コンタクトレンズならレンズ自体が勝手にピントを調節してくれるため老眼鏡のように遠くを見るときにいちいちはずしたり、見え方の違いによって何個も揃える必要もなく便利。まるで裸眼で見えているような快適さから、中高年の愛用者は年々増えています。

4.覚えておくと便利!遠近両用コンタクトレンズ独特のレンズ度数

通常のコンタクトレンズの度数の値は1つですが、遠近両用コンタクトレンズは、通常の度数以外に「加入度数」というものが必要になってきます。加入度数とは近くを見るときと遠くを見るときの差を表した数値のことで、近くのものの見えにくさに応じて調整します。加入度数は近くのものに合わせすぎると遠くが見えづらくなったり、年齢の変化に伴っても変わってくるので眼科医とよく相談しながら使用するレンズの度数を決めることが大切です。

5.早めの使用がおすすめ!まずはお試しから挑戦

遠近両用コンタクトレンズを使ってみたいけど、初めてコンタクトレンズを使用される方は抵抗があるかもしれません。しかし、老眼が進んでしまい加入度数が大きくなると見え方に慣れるまでに時間がかかってしまうこともあります。気になったら、まずは一度だけでも試してみることをおすすめします。扱いは普通のコンタクトレンズと変わらないので、正しい使用方法や管理方法を覚えて慣れてさえしまえばその快適さに驚くはずです。

【まとめ】

“見えづらい”ということは、私たちの生活に大きなストレスを与えます。バリバリ働きたいのに…趣味やスポーツを思いっきり楽しみたいのに…まだまだアクティブな現代の中高年のみなさん!やりたいことを“見えづらさ”のせいでを諦めていませんか?この春は、遠近両用コンタクトレンズでノンストレスな生活をはじめましょう。遠近両用コンタクトレンズは、1日使い捨てタイプのワンデーや2weekタイプなど種類も豊富。シーンやライフスタイルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。まずは、近くの眼科で一度相談してみてください。きっと新しい世界が広がるはずです。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM