MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

実は単なる気球じゃなかった?眼科で行う気球の検査の謎とその役目とは

topics_ref

眼科での検査の1つに、器械の中の気球を見る検査があります。あの気球を見る検査は一体何を調べているのでしょうか?長年、眼科に通われている方でも、未だに謎のままという方は多いのではないでしょうか?今回は、気球を見る検査でどのようなことが分かるのか調べていきます!

1.覗くだけで色々なことが分かる優れもの「オートレフケラトメーター」

あの気球が見える器械の名は、「オートレフケラトメーター」といいます。オートレフケラトメーターに顎を乗せ覗き込んだ先に見える気球。最初はぼやけていますが”カチカチ”と調整されて、だんだんと綺麗に見えてきます。実はこの作業、瞳のピントが合う瞬間を探っているのです。オートレフケラトメーターは、この数秒の作業の間に屈折力や遠視、近視、乱視など様々な目の検査を自動的に行うことが出来るすごい器械なのです。

2.気球の意味とは?

では、なぜ気球の画像なのでしょうか?その答えは、遠くにある気球の画像を使うことによって眼の調節が自然と遠くへと向かい、真っすぐ真ん中を見た状態で検査を行うことが出来るからです。通常、私たちの眼は遠くを見る時は水晶体を薄くし、近くを見る時は水晶体を厚くするという調整を行いながら絶えずピントを合わせています。オートレフケラトメーターでの検査中、この調整機能が働いていると正確な検査結果が得られなくなります。よって、遠くの一点をぼうっと見る事が必要なんですね。手前に道があってその先に気球があるレイアウトも、遠くに感じさせるための工夫の1つだったのです。

3.オートレフケラトメーターの検査データと視力検査のデータは別物!

オートレフケラトメーターの検査で得られるデータは最初に述べましたが、屈折力や遠視、近視、乱視などの目の状態です。人間の視力は、このデータにピントの調節機能などの要因が加わって変わります。ですので、オートレフケラトメーターでの検査データと視力検査のデータは別物です。ちなみに視力検査は、オートレフケラトメーターで得られたデータを基に検査時に使うレンズの度数を決めています。コンタクトレンズを処方する際も、オートレフケラトメーターで計測した角膜の曲率を参考に、レンズのベースカーブを選択します。しかし、あくまでも参考データですので実際に装用してみて違和感がないかどうかは自身で判断することが大切です。

4.オートレフケラトメーター検査の注意点

では、ここでオートレフケラトメーターでの検査の正しい受け方についていくつか説明します。
・まずはリラックスすることが大切です。目に力を込めて、気球を見ようとすると正しい状態で検査が行われません。力を抜いて、リラックスした状態で気球を見ましょう。
・目の表面が乾いていると、正しい検査出来ません。事前にドライアイ用の目薬を点眼するか、機械に顔を乗せる前に何度かまばたきをしておきましょう。
・まぶたやまつ毛が瞳にかかると正しい検査が行えません。出来る限り、目を大きく開いた状態で検査をします。
・あごとおでこをしっかりと検査台につけて覗き込みます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?今までなんとなく受けていたオートレフケラトメーターによる検査でしたが、あの短いの時間の中でたくさんのデータが得られていたというのは驚きですよね。オートレフケラトメーターは、レーシック手術の前の検査にも用いられており、私たちの目の検査にはとても大事な役割を果たしているのです。次回、眼科を受診した際にはぜひ注目してみてくださいね。

目にも日焼け対策が不可欠!?知るほど怖い紫外線のはなし

topics_uv

じめじめした梅雨もすっかり明けて、うだるような暑さが続く毎日ですが、皆さん夏バテしていませんか?
夏本番になると、海に山に、夏フェスにと野外レジャーの話題が多くなってきますよね。そんな時に気になるのが、やっぱり紫外線ではないでしょうか。
日焼け止めをしっかり塗って、帽子をかぶって準備万端!でも、意外と見落とされがちなのが目の対策。実は、日焼けや他の健康被害を防ぐには、肌はもちろん紫外線から目を守ることが大切だと知っていましたか?今回は意外と知られていない目と紫外線の関係についてまとめました。

1.そもそも紫外線って何?

「紫外線=ultraviolet(ウルトラバイオレット)」とは太陽光のなかで、可視光線より波長が短くエネルギーの高い光のこと。よく耳にする「UV」はこの略称です。
紫外線は大きくUVA・UVB・UVCの3種類に分類され、そのうち地球に届いているのはUVA(95%)とUVB(5%)だと言われています。
UVBは量自体は少ないものの、UVAより強いエネルギーを持っていて、オゾン層の破壊によって地球に届く量が年々増えています。そしてこのUVBこそが、生物に大きな悪影響を与えるのです。

2.日焼けだけじゃない!紫外線と目の病気

紫外線と聞いて真っ先に思い浮かべるのは肌の日焼けではないでしょうか。しかし、意外にも一番多いのが目の病気なんです!
紫外線による目の病気として代表的なものは、白内障、翼状片(よくじょうへん)、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)などが挙げられます。
皆さんご存知の白内障は、長年浴び続けた紫外線が水晶体に蓄積されることで組織が変化して起こる病気です。近年の紫外線量の増加によって、ひと昔前より白内障発生率の年齢が若くなってきていると言われています。
また、コンタクトレンズを装用する人の間で増えている「角膜炎」も、紫外線が原因で起こる場合があります。一般的な角膜炎は細菌の感染で発症しますが、
強い紫外線を浴びると角膜が傷つき、黒目の表面から炎症を起こすことがあります。これが目の日焼け=紫外線角膜炎です。紫外線角膜炎になると、充血や異物感、目の痛みを感じることがあります。

3.目にうけた紫外線は肌にも悪影響を及ぼす!?

意外と知られていないのが、目から受けた紫外線は、実は肌にも悪影響を及ぼすということ。つまり、目からの紫外線が、肌の日焼けにつながってしまうのです!
目が紫外線を浴びるとまず、角膜が炎症を起こします。そして、その炎症が刺激になり脳下垂体に伝達され、体の防衛本能として紫外線を吸収しようとするメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。メラニン色素はご存知の通りシミの原因。これによって肌の老化も進んでしまいます。

4.コンタクトレンズもUVカットの時代

長時間日光を浴びる場合、目を守る必要があることをご理解いただけましたか?ではどうやって目から入る紫外線を防げば良いのでしょうか。いちばん身近なのは、サングラスかも知れませんね。
しかし、サングラスを選ぶ場合は形に注意が必要です。サングラスと顔の間に隙間が多いと紫外線が隙間から入り込んでしまい、角膜周辺で屈折した後、目の鼻側に集中してしまいます。この結果、合わないサングラスを使うことで、普段よりも強い紫外線ダメージを受けることになりかねません!できるだけ顔との隙間がないものを選ぶようにしましょう。
また、最近ではコンタクトレンズにもUVカット機能付きのものがたくさんあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。コンタクトレンズなら、紫外線の屈折や集中の心配はありません!1Dayタイプから2WeekタイプまでUVカットコンタクトレンズは種類も豊富に登場しているので、シーンによって使い分けてみるのもおすすめです。
自分に合ったUVカットコントクトレンズを使って、紫外線を気にせず夏の野外イベントをエンジョイしましょう!

意外にもあの芸術家?!「万能人」が発見した原理と見える技術の歴史とは

topics_history

指にコンタクトレンズを乗せて装用する時、ふと思ったことはないでしょうか?コンタクトって一体誰が作ったの?そもそもこんなものを目に入れてみようと最初に思いたった勇気ある人って誰?と。今でこそ当たり前になっているコンタクトレンズですが、最初に考えた人ってすごいですよね。怖くなかったんでしょうか。
今回は意外と知られていないコンタクトレンズの歴史をひもといていきましょう。

1.コンタクトレンズの第一歩

コンタクトレンズの原理を最初に発見したのは、誰もが知っているあの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)なんです。1508年、ある日彼がガラス製の壺に水を張り顔をつけて目を開けたところ外の景色がいつもと違う見え方をしていることに気がつきます。これがコンタクトレンズの原理の発見と言われています。
彼は「万能人」という異名を残すほど色んなことに長けていました。特に人体の解剖学に興味があったことから、目についても様々な実験をしていたのではないかと言われています。水を通してみた景色と解剖学の知識が結びついた時、それがコンタクトレンズの原理が生まれた瞬間だったのです。

2.デカルト氏の提案、ながいながーいコンタクトレンズ

その後、1637年に出版されたフランスの古い書物にこのような記載があります。”1636年、フランスのレーン・デカルト(Rene Descartes)は水の入った筒状のものを目に接触させることによって、光の屈折や反射によって見え方が変わると指摘した”と。
ようするにそれを削って短くすると現在のコンタクトレンズになるのです。よってデカルトはコンタクトレンズの創始者と言われています。

3.コンタクトレンズの名付け親、フィックの実験!VSミューラーの実験!

1888年、眼科医だったスイスのオーゲン・フィック(A.Eugen Fick)は、ウサギの眼球に合わせて作ったコンタクトレンズをウサギに装用させることに成功します。その後、近視である自分の目に合わせガラス製のコンタクトレンズを作り、自らを実験台とし視力矯正を試しました。

これが人類が初めて目の中にコンタクトレンズを入れた実験です。結果は装用感が悪く短時間で目が充血してしまったそうです。この実験は“Eine kontactbrille(アイネ コンタクトブリレ)”という本に記載されており、それが現在のコンタクトレンズという名前の由来になっています。
オーゲン・フィックと同時期、ドイツのアウグスト・ミューラー(August Muller)も自分の視力を矯正するためコンタクトレンズを作りました。ガラス製の為、痛みに耐えきれず30分しかもちませんでしたが、強度の近視を矯正することには成功しました。レオナルド・ダ・ヴィンチが最初に原理を発見してから約380年後のことです。しかし自分の目の中にガラスを入れるって考えただけで恐ろしいですよね。

4.初代ハードコンタクトレンズは問題だらけ!?

1930年代からあちこちで本格的な開発が進み、1938年、PMMA(ポリメチルメタクリレート)というアクリル樹脂で出来た今でいうハードコンタクトレンズの原型が開発されます。

この素材の開発により一般にハードコンタクトレンズが普及し始めますが、PMMAは酸素を通さない素材のため装用時間に限りがあったり目に障害が出るなど様々な難点が出てきます。
1970年代ごろ、この難点を解消するために酸素を通す素材、RGP(Rigid Gas Permeableの略)が開発されます。これが現在のハードコンタクトレンズの主な素材です。

5.米ボシュロムより初代ソフトコンタクトレンズの発売

その後、1960年代にチェコスロバキア(現在のチェコ共和国とスロバキア共和国)の科学者オットー・ウィフテルレ(Otto Wichterle)が現在のソフトコンタクトレンズの素材となるアクリル系ハイドロゲルを発明しました。
この発明がアメリカに伝わってソフトコンタクトレンズの研究が進み1971年、米ボシュロム社によってソフトコンタクレンズが発売されました。柔らかく装用感の良いソフトコンタクトレンズは多くの人に普及していきます。

6.日本はどうなの?当時の国内のコンタクトレンズ事情とは?

日本で初めて、強角膜コンタクトレンズ(白目まで覆うコンタクトレンズ)が完成したのは1950年のことです。眼科医の水野豊氏が、角膜が突出してくる円錐角膜(えんすいかくまく)という疾患で悩む高校生のために自宅の台所で夜な夜な研究し作ったのが始まりと言われています。
時を同じく1951年、当時名古屋の老舗眼鏡店に勤めていた田中恭一氏はアメリカの将校夫人からコンタクトレンズの話を聞かされます。興味を持った田中氏は研究を始め日本初の角膜コンタクトレンズ(黒目の部分だけ覆うコンタクトレンズ)を完成させました。この田中氏こそ、後のメニコンの創業者です。

【まとめ】最初の発見からどんどん進化を続けるコンタクレンズ

いかがだったでしょうか?コンタクトレンズは、長い歴史を経て現在の私たちが知っている形になったのですね。最初は、視力矯正のために開発されたコンタクトレンズですが、今やカラーコンタクトレンズやこのコラムでも登場したスマートコンタクトなど、色んな目的に使われています。ますます進化し続けるコンタクトレンズ。
もっと技術が進み、私たちが想像すらしていない機能を備えたコンタクトレンズが登場してくる日もそう遠くないはず・・!?

1Day?2Week?え!?1週間ずっとつけっぱなしOKなの?知ってて損はない!使い捨てレンズの選び方

topocs_2w1d

今でこそ使い捨てソフトコンタクトレンズは広く普及していますが、以前は1〜2年使えるソフトコンタクトレンズが主流でした。でも使い捨てコンタクトレンズって種類が多くて、どれを選べばいいのか分からない!って人きっと多いはず。今回のコラムでは、使い捨てソフトコンタクトレンズの種類について詳しくみていきましょう

1.使い捨てコンタクトレンズができた理由

以前は、約1~2年使用が可能なソフトコンタクトレンズが主流でした。しかし、元々ソフトコンタクトレンズの素材は水を含むため、たんぱく汚れが付きやすく菌が繁殖しやすいという悩みがありました。特に従来型のソフトコンタクトレンズは長期で使用するため、日々のレンズケア以外にも定期的に、特別なケアが必要でした。そこでコンタクトレンズの安全性をより高めるために誕生したのが使い捨てコンタクトレンズです。
特に1Dayタイプのコンタクトレンズは安全性が高いレンズだと言われています。

2.1Dayタイプのコンタクトレンズ

1日使い捨てコンタクトレンズのことです。1Dayタイプのコンタクトレンズの最大の特徴は、ケアが不要で常に清潔なレンズを使用できるということです。ですのでコンタクトレンズ初心者の人にもおすすめです。また、たまにしか使わない人やケア用品が必要ないので旅行の時にも最適です。しかし、他のコンタクトレンズに比べて、コストがやや高めなところがデメリットでもあります。

3.2Week・1Monthタイプのコンタクトレンズ

2週間、1か月交換型のコンタクトレンズのことです。
実は知らない人も多いと思いますが、2週間交換型のソフトコンタクトレンズは「14回使える」のではなく「使用し始めてから14日間」しか使えません。衛生面から例え14日間のうち1回しか使わなくても、開けてから14日間経ったら捨てなければいけないのです。1か月交換型も同じです。
毎日レンズをケアしなければならないのが面倒な点ですが、1Dayタイプのコンタクトレンズに比べ価格が安くコストパフォーマンスが高いため、人気のコンタクトレンズです。

4.1週間連続装用コンタクトレンズ

名前の通り1週間、寝ているときもずっとつけっぱなしでいられるソフトコンタクトレンズのことです。レンズのケアが不要で、つけっぱなしなので装用の手間もない。
最初にこのレンズが登場したとき、驚いた人も多かったはずです。朝起きた瞬間から視界がクリアって視力の低い人にとっては夢のような話ですよね!しかし、1週間というのはレンズが連続装用に耐えられる「最長の期間」であり、目の状態によってはもっと短い期間しか連続装用が許されない場合もあります。使用の際は、しっかり眼科医と相談してルールを守ることが大切になってきます。

5.使い捨てコンタクトレンズを使用する際に大切なことって?

使い捨てコンタクトレンズを使用する際に大切なのは期限を守って使用することです。
まだ使えそうだからいいと、期限を過ぎて使用するのは危険です!私たちの目は、酸素を必要とし生きているのです。今、症状が出なくても間違った使い方をしたせいで将来目に異常をきたすこともあります。決して取り替えのきかない自分の目。用法を守ってコンタクトレンズを使用し、大切にしましょう。このコラムが少しでもみなさんの正しいコンタクトレンズ選びのお役のたてればと願っています。

「ハード」と「ソフト」の違い、あなたは説明できます?

topocs_hardsoft

みなさんが使用しているコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズですか?それともソフトコンタクトレンズですか?最初にコンタクトレンズを購入するとき、どちらのレンズにしようか悩む人は非常に多いですよね。「ハード」「ソフト」とよく耳にするけれど説明できる人は意外に少ないのではないでしょうか。初めてコンタクトレンズを使用する人も、現在使用している人も、いま一度ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズについて学んでみましょう

1.ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ、そもそもの違いって?

1-1.ハードコンタクトレンズ

名前の通り硬いプラスチックで出来たコンタクトレンズのことです。
ほとんど水分を含まない素材で出来ていて、角膜(黒目)より小さなサイズのコンタクトレンズです。大きさは約9mm。ハードコンタクトレンズには、酸素を通すタイプ(酸素透過性)と通さないタイプの2種類があります。酸素を通さないタイプのレンズは目にはよくないとされ、現在はハードコンタクトレンズといえば酸素透過性レンズのことを指します。この酸素透過性の良さがハードコンタクトレンズの利点の1つでもあります。

1-2.ソフトコンタクトレンズ

柔らかく、水を含むプラスチック素材でできたコンタクトレンズです。
含まれる水の量(含水率といいます)は素材によって異なります。
ソフトコンタクトレンズの最大の利点は、柔らかいため装用感がいいところです。
大きさは約13~14.5mm。角膜(黒目)よりも大きく結膜(白目)の部分まで覆ってしまうので以前は酸素透過性の低さが問題とされていました。しかし新素材のシリコーンハイドロゲルを使用したレンズの登場によって、ソフトコンタクトレンズの酸素透過性は以前よりぐんと良くなりました。

2.結局のところどっちのコンタクトレンズがいいの?

ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、両方の基本的な違いは分かったけれど、結局どっちがいいのか?ここからは2種類のレンズのより具体的なメリット・デメリットをみていきましょう。

2-1.ハードコンタクトレンズのメリット・デメリット

【ハードコンタクトレンズのメリット】
・耐久性に優れており、丈夫で長持ち(寿命は2~3年)
・ランニングコストが安い
・お手入れが楽
・酸素透過性がよく目への負担が少ない
・光の屈折矯正効果が高いので、乱視を矯正したい人におすすめ

【ハードコンタクトレンズのデメリット】
・ズレたり落ちたりしやすいのでスポーツには向かない
・割れてしまう
・装用時に違和感があり慣れるまでに時間がかかる(一般的に2週間ほど)
・異物が目に入ったとき激痛が走り涙が止まらない

2-2.ソフトコンタクトレンズのメリット・デメリット

【ソフトコンタクトレンズのメリット】
・ズレにくく、落ちにくいのでスポーツをする人にはぴったり
・素材が柔らかく装用感がいいため、初めての人でも違和感が少ない
・基本的に割れない
・使い捨てタイプやカラーコンタクトレンズなど状況によって選ぶことが出来る

【ソフトコンタクトレンズのデメリット】
・極度の視力矯正はできない
・ハードコンタクトレンズよりお手入れに手間がかかる(1day以外の場合)
・ハードコンタクトレンズよりややランニングコストがかかる
・装用感がいいため、付けてることを忘れそのまま寝てしまうことがある

3.メリット・デメリットはわかった!では実際、どのようにして自分に合ったコンタクトレンズを選べばいいの?

選ぶポイントとしては、予算やお手入れのしやすさ、生活環境、眼のカーブ、眼の状態によっても変わってきますので眼科でじっくり相談しながら決めましょう。
両方のコンタクトレンズの特徴をしっかり理解した上で、ご自身のライフスタイルにあったコンタクトレンズを選ぶことが大切です。

BOTTOM