MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

感染率はほぼ100%!?学校感染症にも指定されている「はやり目」って?

topics_conjunctivitis

「はやり目」は、子供が夏の時期にプールなどで感染することが多いため夏の病気と思われがちですが、年間通して発症率の高い眼の病気のひとつです。また、非常に感染力の強い病気のため子供に限らず大人でも感染するリスクの高い病気なので注意が必要です。

1.ところで「はやり目」ってなに?

はやり目は、感染力が大変強く流行性であることから「はやり目」と呼ばれていますが、正式名は「流行性角結膜炎」と言いアデノウイルスというウイルスが原因で起こる急性結膜炎の一種です。特徴は何と言っても感染力の強さ!はやり目に感染した人が触ったものを触り自身の目をこする。感染者と同じタオルを共有するといった行為では、ほぼ100%の確率で感染するといっても過言ではありません。(空気感染はしません。)

2.「はやり目」は接触感染がほとんど

はやり目は、手や指を介しての接触感染が主な感染ルートとなっています。プールでの感染が多いのもそのためです。ウイルスの潜伏期間は、だいたい8~14日(多くは5~12日)。その後発症しますが、最初から両目とも発症するわけではなく、片目感染後2~3日以内にもう一方の眼にも感染することが多いと言われています。

3.これってもしかして「はやり目」かも…?

はやり目の症状としては、次のものが挙げられます。

  • ・白目(結膜)の充血
  • ・まぶたが腫れる
  • ・さらさらとした目やにがだくさんでる
  • ・涙がでる
  • ・しょぼしょぼ感したり異物感がある
  • ・光がまぶしい

症状がひどい場合は、角膜が傷つき傷跡が残る角膜混濁になったり、まぶたの裏側に炎症の白い膜(偽膜)ができることもあります。もしかしたらはやり目…?と思ったら、すぐに眼科を受診するようにしましょう!

4.はやり目の正しい治療法は?

残念ながらはやり目の原因であるアデノウイルスに対して効く薬は現在なく、基本的には自然に症状が治まるのを待つしかありません。発症後、7日~14日程度で完治する場合が多いですが、ひどい場合は長引くこともありますので感染したウイルスへの抵抗力を高めるために十分に休息をとるようにしましょう。また、細菌の混合感染を防ぐため抗菌点眼や炎症を押さえる炎症止めの点眼を行う場合もあります。

5.治るまでの期間に気をつけること

はやり目に特効薬はありませんが、完治するまでに日常で気をつけた方が良い点はいくつかあります。感染させないために、また感染しないためにも以下の点に注意するようにしましょう。

  • ・手で目をこすらない
  • ・患者も家族も手を流水や石鹸でよく洗う
  • ・患者とそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを分ける
  • ・目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーや清浄綿などの使い捨てのものを使用する
  • ・感染したら休養をとって免疫力を落とさないようにする
  • ・人混みへ出かけない
  • ・学校、幼稚園、保育園は医師の許可がでるまで休む
  • ・医師の許可があるまでプールに入らない
  • ・お風呂は患者が最後に入るようにする

6.「はやり目」は、学校感染症に指定されている

軽く思われがちのはやり目ですが、非常に感染力が強いため学校保健安全法上の第三種感染症に指定されていて、医師の許可が出るまで学校へ登校は禁止されています。大人の場合も、感染を広げないために出社は控えるようにするのが望ましいでしょう。

【まとめ】

もしご自身が「はやり目」に感染した場合、しっかりと休息をとって治すことはもちろんのこと、他者へうつさないように配慮することも大切です。特に二次感染率の高い、家族への対処は気をつけるようにしましょう。

“もしもに備える”災害時のコンタクトの取り扱い方!

topics_hazard

突如として私たちの身に降りかかる災害。いつどこで、どんな状況で被災するか誰にも予測できません。水道や電気といったライフラインがストップすることや、食糧がなくなることはもちろん不安ですが、私たちコンタクトユーザーにとって不安なことは“災害時のコンタクトの取り扱い”ではないでしょうか。今回は、災害時のコンタクトの取り扱い方についてまとめてみました。

1.そもそもコンタクトは災害時には向かない

まずはじめに、コンタクトレンズの使用は災害時には向きません。なぜならコンタクトレンズを取り扱う際は衛生面が何より大切だからです。ライフラインが断たれ、綺麗な水で手が十分に洗えない状態でのコンタクトレンズの使用は避けましょう。日本コンタクトレンズ学会でも、被災地では出来るだけ眼鏡に切り替えることが推奨されています。

2.違和感がある場合、コンタクトはすぐ外す

震災時は空気中に埃やごみが巻き上がっていることが多く、目にごみが入ったりといった異物感を感じることも多いでしょう。そんな時はすぐにコンタクトを外すようにします。目に何らかのゴミや異物が入ったまま使用し続けることは、角膜を傷つけるなど眼病になるリスクが高くなります。また、替えのコンタクトがないからといって、つけっぱなしの状態で過ごすことも目にとってよくありません。

3.メガネは災害時の必須アイテム!

しかし、問題となるのはコンタクトがない状態では見えないということ…視力低下が深刻な方は、短い距離の歩行も困難です。ましてや災害時は床に物が落ちていたり、瓦礫の中を歩くこともあるかもしれません。そうなると、「メガネを用意しておくこと」が非常に重要となってきます。寝るときは枕元に置いてすぐ取れるようにしたり、普段用のメガネとは別に防災バックの中に予備のメガネをいれておくこともオススメです。また、外出先での被災時に備えオフィスにメガネを用意しておくのもいいでしょう。

4.コンタクトはいつから使っていいの?

災害時のコンタクトの装用再開時期についてですが、日本コンタクトレンズ学会では「①水道水が使用可能となり、②安定した医薬品の供給がされ、③眼科医への受診が可能な状況が整うまでは原則として中止するよう」呼びかけられています。衛生面の安全が確保されるまでは、コンタクトの使用は控えるようにしょう。

5.災害時は、1dayタイプが便利

普段、使い捨て以外のコンタクトレンズや、2週間・1ヶ月使い捨てのコンタクトレンズを使用している方も災害時に備え、1dayタイプのコンタクトを用意しておくと便利です。1dayタイプは、洗浄や保管の心配がないので、洗浄液や保存液といったコンタクト用品が手に入らなくても使用できるからです。

6.予備のコンタクトの準備も忘れずに!

ライフラインが復旧し、コンタクトが使用できるようになっても眼科やコンタクトレンズの販売店が営業を再開するまでは時間がかかるかもしれません。普段使っているコンタクトの予備は用意しておくようにしましょう。1dayタイプのコンタクトレンズなら1週間分程度。それ以外のコンタクトレンズなら、一組は防災用として用意しておくと安心です。しかし、コンタクトレンズには使用期限があるため、準備したら防災バックの中に入れっぱなしにせず時々チェックすることも忘れないようにしてください。

【まとめ】

もしもの事態に備え、日頃から災害グッズを備えている方も多いと思います。水や食糧、懐中電灯、医療品などマストアイテムはたくさんありますが、視力の悪い方にとってコンタクトレンズやメガネはなくてはならないアイテム。「見えない」という状況は、災害時においては命にも関わることもあります。過去には、災害時にコンタクトレンズやメガネの無償提供が行われたケースもありますが必ず手に入るとは限りません。ご自身の身を守るためにも災害時について一度シュミレーションし、必要なもの・備えておくものをリストアップしてみてはいかがでしょうか。

もう迷わない!コンタクトの裏表ジャッジ問題!

topics_both-sides

今回は、ソフトコンタクトレンズのユーザーのよくある「ソフトコンタクトの裏表がわからない」というお悩みを解決していきたいと思います。ソフトコンタクトレンズは、その薄さと柔らかさから裏表の判断が難しく、案外裏表逆に付けてしまう方も多いもの。裏と表の見分け方、逆に着けてしまったらどうなるの?といった疑問までお答えしていきましょう!

1.コンタクトの裏と表が逆転する原因って?

「今日はなんだか、コンタクトがズレてフィットしないなぁ」「目に入れた瞬間に痛みがした!」「ゴロゴロする」という時、コンタクトを裏返しのまま着けている場合が意外にあります。原因としては、① 落としてしまった際や消毒ケースに入れる際に裏表逆転してしまった場合や、
② ケースから初めて出す際にすでに裏表逆転していたことが考えられます。
特に②番。使い捨てコンタクトをケースから初めて出した際、必ず表裏が正しい状態で収納されているわけではないので装用の際、注意するようにしましょう。

2.裏表逆でつけるとどうなるの?

ソフトコンタクトレンズは、裏表がひっくり返ってしまっていても一見見た目に差があまり出ません。ですので、気付かず装用してしまっている方もいます。しかし、コンタクトの裏表を間違えたまま装用を続けると、目に傷がついてしまったり気分が悪くなる恐れがあります。また、外れやすく紛失してしまうこともあるので、気をつけて!特に、コンタクトレンズ初心者の方は違和感があってもそのまま使用してしまうことがあるので、違和感がある場合は裏表が逆の可能性も疑い、一度外して確認するようにしましょう。

3.解決!コンタクトレンズの裏表の見分け方!

先ほども言いましたが、ソフトコンタクトレンズは素材が柔らかいため裏表がひっくり返ってしまっていてもパッとみたでは分かりません。「じゃあどうすればいいの?」と思いますよね。ここからは、一発で見極めるコンタクトレンズの裏表の見分け方をご紹介します。

3-1 指先にコンタクトを乗せて見分ける

ソフトコンタクトレンズは裏表の向きが正しい場合、横から見ると綺麗なお椀型になっています。レンズ自体を指先に乗せ真横から見た際に、レンズのふちが内側に丸くなっていたら表。レンズのふちが、少し外側に反っていたら裏です。

3-2 コンタクトをつまんで見分ける

コンタクトレンズを人差し指と親指でやさしく二つ折りにして端をつまみ、そのまま内向きに丸くなじむか、つまんだところから外向きに反発するかで裏表を見分けます。内向きに自然に丸まっていたら、それが表。外側に反発したら裏です。この際、爪でレンズを傷つけないようにしましょう。

3-3 マーキングを目印に見分ける

メーカーによっては、文字や数字、マークが表から読めるようにマーキングされているレンズもあります。こちらを目印に見分けることも出来ます。

3-4 カラコンは色やデザインで見分ける

カラーコンタクトレンズの場合は、カラコンの色やデザインの入り方で裏表を判断することも出来ます。例えば、裏面はレンズのフチの着色部分が表面より薄かったりします。裏表が分からなくなった場合のために、一度見比べて確認しておきましょう。

【まとめ】

いつもと同じレンズなのに違和感を感じた場合は、まずコンタクトの裏表が合っているか確認してみてください。慣れてくれば裏表の見分け方もコツがつかめてきますが、コンタクト初心者の方はなかなか判断しづらいもの。メーカーや製品によっても見分け方が違うので、取扱説明書をよく読んで、ご自身が使用するコンタクトレンズの特徴を知っておくことをオススメします。見分け方を知っていると、忙しい朝やいざといった時に慌てなくて済みますので安心ですね。

若い世代に増加する「スマホ老眼」!その原因と対策とは。

topics_sp-presbyopia

みなさんは、「スマホ老眼」という言葉をご存知でしょうか?以前このコラムでも紹介した老眼は、本来40歳前後から始まる目の老化現象のひとつです。しかし、最近では20代、30代の若い人たちの間でも老眼のような症状に悩む「スマホ老眼」の人が増えています。今回は「スマホ老眼」の症状・原因・予防についてまとめてみました。

1.スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマートフォンなどの携帯情報端末の長時間使用により「近くのものが見えづらい」「目がかすむ」などといった老眼に似た症状のことです。このスマホ老眼は、加齢による老眼と同様、目のピント調節がスムーズにできないことにより起こります。

2.あなたはスマホ老眼?スマホ老眼チェック

では、実際に起こるスマホ老眼の症状をチェックしていきましょう。

  • ・遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけてみえる
  • ・今まで眩しいと感じなかった光を眩しいと感じる
  • ・ドライアイである
  • ・夕方になるとスマホの画面が見えにくくなる
  • ・目の焦点が合いづらい
  • ・目が充血する
  • ・目がかすむ
  • ・肩凝りや首凝りを感じる
  • ・頭痛がする

ご自身の目のお悩みとあてはまった項目はありましたか?3個以上当てはまった方は、スマホ老眼の初期症状かもしれません。特に、1日2時間以上スマホを使用している方や、スマホの画面を至近距離で見る癖がある方は注意が必要です。

3.スマホ老眼のはなぜ起こる?

スマホ老眼の原因は医学的には「調節緊張」 と呼ばれ、スマホやパソコンなどの画面を長時間近くで見ることで、近くにピントが合ったままの状態から元に戻りにくくなり、目のピント調節が利かなくなるために起こると考えられています。また、夕方になると目がかすんだりしょぼしょぼするといった症状が出てくる人は、スマホの強い光 によって目に入る光の光量を調節する虹彩筋に負担がかかっている事が原因だと言われています。

4.スマホ老眼にならないためには?

スマホ老眼を防ぐためには、スマホをなるべく見ないようにすることが一番の予防ですが、それは現代人にとって中々難しいことですよね。なので、改善策としてはまず目を酷使しすぎないようにすることがが基本です。なるべく目の調節筋肉の負荷を軽減してあげるように、長時間連続でのスマホの使用は避ける、画面に近づきすぎないといったスマホやパソコンの使い方を心がけましょう。

1:こまめに休憩を入れる

忙しくても、出来るだけ長時間連続でのスマホやパソコンの使用は避けます。目が疲れてきたら、一度手を止めて遠くを見ることもおすすめです。

2:スマホとの距離に気をつける

スマホを使用する際は、目との距離を離して見るように癖づけましょう。出来れば40cm以上離して見ることが理想とされています。

3:ドライアイを防ぐ

意識的にまばたきを行ったり、目薬をさしてパソコンやスマホの使用からくるドライアイを防ぎましょう。酸素透過率の良いコンタクトに変えることも効果的な対策のひとつです。

4:スマホ照度は適切に

スマホは画像や文字が発光体なので、知らないうちに眼にダメージを与えてしまいます。スマホの画面設定を少し暗くしたり(60%~70%に画面の明るさを調節しましょう。)、夜はナイトモードに設定して使用することも効果的です。

5:スマホ老眼体操を行う

これは遠近トレーニングといい、近くのものと遠くのものを交互に見ることによりピント調節機能を回復させることができます。

1)ペンを手に持ち、体から20~30cm離します。近くにない場合は、ご自身の指でも可能です。

2)そしてペンの先を、2~3秒ほど両目で見た後、そのペンの直線上にある遠くのものを見つめます。
(できるだけ遠いもの)

3)これを交互に10回繰り返し、1日3セット以上行います。

コツは、対象物を見るとき何となく見るのではなくしっかりピントを合わせるようにすること。そうすることで、トレーニングの効果が高まります。

6:目を温める

蒸しタオルや、ホットアイマスク、繰り返し使えるクリークピローで疲れた目元を温めてあげると血行が促進され、眼精疲労が緩和されます。

【まとめ】

いかがでしたか?「スマホ老眼」は、一時的なことだと思っていると慢性化してしまうこともあるので注意が必要です。
最近は技術の進化で、スマホやパソコン、タブレットといった電子機器の使用が昔に比べ確実に増えています。また、大人だけでなく子供たちもスマホの普及やICT教育の導入など、電子機器による目の負担はますます大きくなっています。技術は進歩しても、人間の目は電子機器に対応できるようにはまだ進化していません。
替えの効かない私たちの大事な目。しっかりとケアを行いながら、目の健康を維持をすることが大切です。このコラムをきっかけに、スマホやパソコンといった電子機器との上手な付き合い方について考えてみてはいかがでしょうか。

糸やゴミ屑のような物が目の前をゆらゆら浮遊する!不思議な「飛蚊症」の正体とは?

topics_floaters

ある日突然、または気がついたら明るい場所や白い壁、テレビやパソコンを見ているとき、目の前に糸くずや虫のような黒い浮遊物が見えたことありませんか。このような症状を「飛蚊症(ひぶんしょう)」といいます。

1.飛蚊症の正体とは?

飛蚊症の症状である浮遊物の正体は、「眼球の硝子体の濁り」です。私たちの眼球の中は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質が大部分を占めていて、角膜と水晶体を通過して入ってきた光が、硝子体を通り網膜まで到達することによって普段物が見えています。ところが、本来透明なはずの硝子体に何かの原因で濁りが生じると、その濁りが影となり網膜にうつり、目の前に見えるようになります。これが飛蚊症(浮遊物)の正体です。

ちなみに、浮遊物の種類には様々な形のものがあります。
・ゴマ状
・水玉
・虫状
・カエルのたまご状
・糸くず状
・輪っか状
など上記のようなものは、すべて飛蚊症の一種と見なされます。

2.飛蚊症はどうして起こるの?

では、飛蚊症はどのようなことが原因となり起こるのでしょう?その原因として考えられるものを、ひとつずつチェックしていきます。

2-1 生まれつきの場合

まずはじめに、飛蚊症はあらゆる年代で起こります。その中でも若い人に多いのが生まれつきの場合。母体内で胎児の眼球が作られる過程では、硝子体の中に血管が通っています。この血管は、出産までには(眼球が出来上がるまで)なくなってしまいます。しかし、その血管の一部が生後も硝子体の中に濁りとして残り、飛蚊症の症状の原因となることがあります。

2-2 老化が原因の場合

年齢を重ねると硝子体はゼリー状から液状へと変化していきます。すると、硝子体は徐々に収縮をはじめ、硝子体の後ろが網膜から剥がれることがあります。これを、硝子体剥離(しょうしたいはくり)と呼びます。このような変化が、飛蚊症の症状をもたらす原因になります。また、若い人でも近視がひどい場合は、硝子体剥離が早期に起こりやすいので注意が必要です。

2-3 目の病気が原因の場合

硝子体剥離や、何かの原因で網膜に穴が開いてしまう網膜裂孔(もうまくれっこう)。網膜が剥がれる網膜剥離(もうまくはくり)などの症状が眼球の中で起こると、初期症状として浮遊物の数が急激に増えることがあります。また、硝子体出血と言って糖尿病や高血圧、外傷などが原因で硝子体の中で出血した場合も突然目の前に飛蚊症の症状が現れます。

3.飛蚊症の症状の変化に注意することが大切

飛蚊症は自覚症状があっても問題がなく、特に治療の必要がない場合がほとんどだと言われています。しかし、目の病気が原因の場合、眼科での早急な治療が必要となります。特に、普段から飛蚊症の症状がある方は、見える浮遊物の数や形に変化がないか気をつけておくようにしましょう。急激に浮遊物の数が増えた場合は、何らかの病気が眼球の中で起こっていることが考えられます。

【まとめ】

病的な症状が原因の場合は、早期発見が大切です。飛蚊症の症状に気がついたら、その原因が生理的なものなのか、目の病気からくるものなのかご自身で判断せず、眼科で検査を受けるようにしましょう。現在は、手術やレーザー治療といった適切な治療法がありますので、まずは眼科医に相談してみてください。

BOTTOM