MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

目やにが多い原因は、目の病気のサイン?

topics-gently

朝起きると、まぶたに「目やに」がたまっていることがありますよね。
この目やに、実は、「目の健康状態を知らせてくれるサイン」だってご存知ですか?
目やには、子どもから大人までみんなにでるものなので、いつもと変わらない少しの量であれば心配ありません。しかし、普段よりも量が多い、目が開けづらい、視界がぼやける等の症状を感じた時は、結膜炎などの目の病気の可能性があります。

正しい知識を身につけて、「いつもと違う」と感じたら、できるだけ早く眼科を受診しましょう。特に、コンタクトレンズを使用している方は、放っておくと悪化の原因にもなりますので、注意が必要です。

1.そもそも「目やに」ってなに?

新陳代謝による老廃物のかたまり

毎朝、顔を洗って取り除いている目やには、そもそもどうして出てくるのでしょうか?
目やにの医学的な正式名称は「眼脂」と言います。皮脂と同じく、身体の新陳代謝によって、古くなった細胞などの老廃物が結膜・角膜を覆うムチンなどの成分と一緒に固まったものです。

コンタクトユーザーは目やにがでやすい?

目覚めている間は、涙とともに自然に体外へ排出されますが、まばたきをせずに眠っている間は、まぶたやまつげに溜まってしまいます。目やにの元となる老廃物は、目が異物を感じた際にも増えることがあります。
コンタクトレンズもそのひとつとされており、瞳がレンズを異物と判断すると、外に流し出そうとする涙の量が自然に増え、目やにができやすくなる原因となります。

2.大量の目やにから疑われる結膜炎の種類

目やにの量や色の変化に要注意

目やにがいつもより多くでた時、黄緑や白っぽい色の変化があった時、普段とは違うネバネバ感がある時は、なんらかの目の病気が発症している恐れがあります。裸眼の人、コンタクトレンズを使用している人を問わず、発症の恐れがある結膜炎の種類をまとめました。

1.感染症結膜炎

黄緑色で粘り気のある目やに、白っぽく糸を引くような目やにが出たら、感染性結膜炎が疑われます。黄色ぶどう球菌や表皮ぶどう球菌などの身近な細菌が原因です。

2.ウイルス性結膜炎(はやり目)

黄色がかった膿のような色の目やにが発生し、起床時の量も大幅に増加。白目の充血や角膜の炎症も起こる怖い病気です。特に、アデノウイルスによる結膜炎は感染力も強く、喉の痛みや発熱の症状が出ることもあります。

3.急性出血性結膜炎

エンテロウイルスが原因の結膜炎で、感染からわずか1日で症状が現われます。充血と目やにの増加だけでなく、白目に出血が見られることが特徴です。

4.アレルギー性結膜炎

花粉・ハウスダスト・ダニだけでなく、コンタクトレンズのケア用品が原因になることがあります。発症するとレンズが汚れやすくなり、症状の悪化にもつながります。

5.巨大乳頭結膜炎

コンタクトレンズの汚れが主な原因といわれるアレルギー性の結膜炎です。上まぶたの裏側にブツブツとしたただれができ、レンズが上にずれやすくなります。

3.コンタクトユーザーが目やに多さに気づいたら

コンタクトの使用は原則中止が鉄則

目やにがいち早く知らせてくれる目の病気はたくさんあります。
なんらかの眼病の可能性がある場合、原則としては、コンタクトレンズの使用を控えることが一番です。眼科医から処方される結膜炎専用の点眼薬を適切に使うことはもちろん、症状がひどくなることを避けるために、数日間はメガネを利用することが望ましいでしょう。

こすり洗いなどのレンズケアも十分に

日中、コンタクトレンズをどうしても使用したい場合は、使い捨てコンタクトレンズを一時的に使い、できるだけ瞳の清潔感を保つことが大切です。
また、いつも以上にレンズのケアを念入りに行い、クリーナーによるこすり洗いや、タンパク質除去の効果があるケア用品を用いて症状の悪化を防ぎましょう。

【まとめ】「いつもと違う目やに」が知らせてくれる健康状態

目やにの発生はヒトの生理現象のひとつであり、普段どおりの量や色であれば心配することはありません。
しかし、目やにの量が明らかに多いと感じたり、色や質がいつもと違うと感じたら、細菌やアレルギーが原因の結膜炎などにかかっている恐れが十分にあります。コンタクトレンズを使用している人は、裸眼の人に比べて瞳が乾きやすく、かゆみや痛みを感じるケースも多いので、特に眼病予防を心がけたいものです。

コンタクトレンズユーザーの花粉症対策

topics-hay-fever

辛い花粉の季節、目のかゆみやまぶたの腫れで、コンタクトレンズの装用がしにくいことがありますよね。実際、目に対しての負担を考えても、なるべくならメガネで過ごすのがおすすめです。
でも、見た目の問題や「コンタクトレンズに慣れているから」といった理由で、普段どおりにコンタクトレンズを装用したい方も多いのではないでしょうか?
花粉の季節のコンタクトレンズの注意点をよく知って、適切な対策を行いましょう。

1.花粉症の方のコンタクトレンズ選び

1日使い捨てレンズが清潔でおすすめ

レンズに花粉の洗い残しがあると、当然、花粉症の症状を引き起こしやすくなります。普段2ウィークレンズを使われている方も、花粉の季節だけは1日使い捨てタイプのレンズに替えると良いでしょう。毎日新しいレンズに交換して、清潔な状態を保ちましょう。

2週間使い捨てレンズの場合は汚れのつきにくいタイプを

涙の成分に含まれているタンパク質や脂質など、吸着性のある成分でレンズが汚れていると、空気中を舞っている花粉をレンズに引き寄せやすくなります。2週間使い捨てタイプのレンズを選ぶ場合は、汚れのつきにくい「非イオン性レンズ」を選ぶと、花粉が付着しにくくなります。

汚れはプラスイオンを帯びているので、マイナスイオンを帯びた「イオン性レンズ」だと汚れを引き寄せやすくなってしまいます。一方「非イオン性レンズ」は「イオン性レンズ」と比べて汚れが付きにくく、汚れによる花粉の吸着を防止してくれます。

2.コンタクトレンズ装用時の花粉症対策

人工涙液で花粉を洗い流す

目に花粉が入っていると、かゆみなどのアレルギー反応が起こりやすくなってしまいます。しかし、目をこすると症状が悪化したり、バイ菌が入って他の感染症が出てしまうかもしれません。目がかゆいときや違和感があるときは、触ったりこすったりせず、目を洗うようにしましょう。

目に入った花粉を洗い流す際には、「防腐剤を含まない人工涙液」の点眼薬がおすすめです。 目にゴミや異物が入ったときに涙が出てくるように、涙には目に入った異物を洗い流す機能があります。涙に近い成分を持つ、防腐剤なしの人工涙液を使用することで、目に負担をかけずに花粉を取り去ることができます。

花粉症の点眼薬は、レンズを外したあとに

ソフトコンタクトレンズを使用している場合、病院などで処方される花粉症専用の点眼薬は、必ずレンズを外したあとに使用しましょう。点眼薬には防腐剤が含まれているので、レンズの上から点眼すると、薬に含まれる防腐剤がレンズに吸着し、角膜障害などのトラブルを引き起こすとされています。また、レンズの変形や濁りの原因になってしまう場合もあります。

目の粘膜の機能を正常に保つ

花粉症の症状悪化の原因のひとつとして、目の粘膜の機能の低下が挙げられます。
現代人は、スマートフォンやパソコンの画面を長時間見続けて、瞬きの回数が少なくなったり、エアコンによる空気の乾燥などで、目の粘膜の水分が奪われる機会が多いため、自分で乾燥対策をすることが大切です。
画面を見るときには意識的に瞬きの回数を増やしたり、エアコンを使うときは加湿を心がけるようにしましょう。また、目の乾燥を感じるときはこまめに目薬をさすのも効果的です。

なるべくメガネに切り替える

花粉の飛散量が多いときにコンタクトレンズを装用すると、レンズに花粉が付着し、症状の悪化を招く場合があります。晴れた日や風の強い日は、なるべくメガネに切り替えて、花粉から目を守りましょう。

目に入った花粉を洗い流す際には、「防腐剤を含まない人工涙液」の点眼薬がおすすめです。 また、コンタクトを使用する場合でも、度なしのファッションメガネなどをかけるだけで、目に入る花粉の量が軽減するので、メガネの併用がおすすめです。

帰宅したらすぐに外す

花粉の付着したレンズを長時間装用することは花粉症の症状悪化につながります。
帰宅後はすぐにレンズを外して、家の中ではメガネで過ごしましょう。

3.コンタクトレンズ洗浄時の花粉症対策

入念なこすり洗いを

タンパク質や脂質などのレンズ汚れには吸着力があり、花粉を寄せ付ける原因となります。また、花粉の付いたレンズは、普段よりも汚れが落ちにくい状態になっています。そのため、花粉の季節には、いつも以上にレンズケアを丁寧に行いましょう。
まずは、とにかくこすり洗いを徹底することで、洗浄液ですすぐだけでは落ちなかった汚れを落とすことができます。

また、過酸化水素のつけ置きタイプの洗浄液も、レンズの消毒効果が高く、効果的です。

洗浄液選びも大切

コンタクトレンズの洗浄液にはさまざまな種類がありますが、花粉の時期に選びたいのは、タンパク質と脂質の汚れをしっかりと除去してくれるものです。

例えば、洗浄保存液とタンパク除去剤が別に分かれている2液タイプなどは、少し手間がかかりますが、汚れをしっかり落とすことができます。
1本で洗浄・タンパク除去・保存までできるオールインワンタイプのものを使う場合も、指定のつけ置き時間をちゃんと守って、十分な洗浄効果が得られるようにしましょう。

瞳にやさしいコンタクトレンズの見分け方

topics-select

初めてコンタクトレンズを選ぶ人だけでなく、着け慣れたコンタクトレンズを長年使用している人も、「なんとなく」でレンズを選んでいませんか?
視力を正しく矯正し、快適な生活を送るための必需品であるコンタクトレンズは、メーカーも種類も様々。より自分に合った、装用感の良いレンズを選ぶために、レンズの機能・性能を見極めるポイントをご紹介します。
コンタクトレンズの特徴を表す用語とその意味を理解し、着けごこちと安心の両方を得る参考にしてください。

1.コンタクトレンズの比較に役立つ用語

眼科医やコンタクトレンズ販売店で目にする比較表や、コンタクトのパッケージ(容器ラベル)に記載された用語やアルファベットの意味を正しく理解することが最初のステップです。

含水率

水分を含むソフトコンタクトレンズの製品比較時に要チェック。レンズに含まれる水分の割合を%で示しています。

酸素透過係数(Dk値)

ソフト・ハードを問わず、コンタクトレンズの素材がどれだけの酸素を通すかを表す数値。

酸素透過率

酸素透過係数をレンズの厚みで割った数値。値が高いほど酸素を通しやすく、低いと酸素を通しにくくなります。

中心圧(L)

レンズ中心部の厚み。数値が低いほどレンズは薄く、酸素透過率は上がります。

BC

ベースカーブの略。レンズの曲がり具合を示し、値が高くなるほどカーブは緩くなります。

P(POWER)

レンズ度数の値。近視はマイナス(ー)、遠視はプラス(+)で表示しています。

DIA

レンズのサイズ。直径の長さをミリメートル単位で表記しています。

2.目はいつも呼吸している!?十分な酸素が必要な理由

黒目を覆う「角膜」には血管がなく、空気中の酸素を直接取り込むことで代謝エネルギーを蓄えます。瞳に直接装用するコンタクトレンズを着けると、黒目部分にフタをしてしまうため、角膜は徐々に酸素不足になってしまうのです。
酸素不足が長引くと、角膜の抵抗力の低下によって様々な眼病につながることも。十分な酸素を瞳に与えるために、できるだけ酸素透過率の高いコンタクトレンズを選ぶことが大切です。

3.ソフトコンタクトは酸素透過率と「含水率」にも着目

レンズの素材に水分を含むソフトレンズは、酸素透過率にも深く関連する「含水率」にも着目しましょう。含水率の高いソフトレンズほど、酸素透過率の高さ、耐久性の良さ、装用時の潤いが得られます。
これだけのメリットがあれば水分量の多いレンズを選びたくなりますが、「乾きを実感しやすい」というデメリットがあることを覚えておいてください。水分を多く含む分、装用してすぐの着けごこちは良くなります。ただし、時間の経過とともに水分が蒸発すると、最初の水分量とのギャップによって、より乾きを感じてしまうのです。

4.新素材「シリコーンハイドロゲル」のいいところ

コンタクト初心者にも装用しやすく、使用シーンの融通も効きやすいソフトレンズに比べて、素材そのものが酸素を通すハードレンズのほうが酸素を通しやすいことが知られています。
そんな中、近年登場した新素材「シリコーンハイドロゲル」を使用したレンズの酸素透過性の高さに注目が集まっています。ソフトレンズと同じ柔らかみのある、水分を含む素材ながら、ハードレンズにひけを取らない酸素透過率が実現したのです。少ない水分量でも多くの酸素を供給できることは、コンタクトユーザーにとって最も嬉しい性能です。

【まとめ】瞳のために酸素透過率の高いコンタクトレンズを

これからコンタクトレンズを使い始めようと考えている人はもちろん、製品の種類の多さから比較することをためらってきたユーザー、ずっと同じ商品にこだわってきたユーザーも、レンズ選びの際には「酸素透過率」に一度注目してみてはいかがでしょう?
瞳の健康のためには、できるだけ多くの酸素を角膜に送り届けてあげることが大切です。「なんとなく」選ぶから、「ちゃんと」選ぶへ。
自分の生活リズムや環境に適した、負担が少なく快適な、より良いコンタクトレンズとの出会いを求めて、お近くの眼科医に相談することをおすすめします。

安全・快適のために、コンタクトレンズの保管方法と使用期限を守ろう

topics-save

コンタクトレンズを愛用している皆さんは、未開封のレンズを自宅のどこで保管していますか?各種製品の説明書にある「直射日光を避け、室温で保管してください」の注意書きを守っていますか?
コンタクトレンズを安心・快適に装用し、感染症などの病気やトラブルから目を守るためには、新しいレンズが安定した状態で保存される適切な保管場所を確保しましょう。また、パッケージに記載の使用期限を守ることも大切。瞳に直接触れるものだからこそ、日頃からの心がけが何より重要です!

1.保管場所は直射日光による劣化、凍結による損傷に細心の注意を

まだ開封していない真新しいコンタクトレンズの保管場所は、直射日光が当たる可能性の高い窓際などは避けましょう。いくら箱の中に入っていると言っても、日光に長時間さらされることによるレンズへの悪影響は免れません。パッケージの変色や変形はもちろん、高温状態が続くと中身の容器や水溶液にも異常が現れることがあります。
また、寒い地域では冬の凍結にも要注意。水分を含んだレンズのソフトコンタクトの場合、氷点下を下回る場所に置いておくと、水溶液ともども凍ってしまう恐れがあります。一度凍ってしまったレンズは損傷してしまったり、性能が極端に低下することもあります。

2.冷蔵庫やタンスの中に入れてる人も?保管場所のイロハ

「涼しくて暗い場所で保管するのが一番いい!」と考えているコンタクトユーザーの中には、“ここなら絶対に安心”と、冷蔵庫やタンスの棚の中にしまっていることもあるのだとか。確かに、直射日光も避けることができますし、高温になることもありませんが、わざわざそこまで厳重に保管する必要はありません。室温(常温)での保管で十分品質は保たれます。
むしろ冷蔵庫やタンスの中で保管する際に注意したいのが、防虫剤や防臭剤などです。特に浸透力の高い防虫剤の成分は、保管期間が長ければ長いほど、徐々に容器を通過してレンズにまで影響を及ぼすと言われています。

3.使用期限の目印は外箱とレンズ容器に記載の「EXP」

未開封のコンタクトレンズであっても、製品に記載された使用期限は必ず守りましょう。
コンタクトの使用期限とは、レンズと一緒にパッケージングされた水溶液の良好な状態、滅菌効果などが確実に保たれる期間のこと。期限切れのレンズを装用するリスクは眼病のリスクも高まります。
コンタクトの使用期限は、外箱とレンズ容器に記された「EXP」が目印。確かな品質が保証された期限内に使用できる量の購入とともに、期限切れレンズを使用することがないよう心がけましょう。

【まとめ】未開封だから安心!は大間違い

開封するまで水溶液に浸されているソフトコンタクトレンズにも、食べ物の賞味期限と同じように、使用できる限度があります。
製品によって違いはありますが、レンズの使用期限は製造から3〜4年が目安。一度にまとめ買いをしたり、メガネと併用しているユーザーの場合は特に、使用期限に注意が必要です。
「未開封のままだから大丈夫」「今日だけ、少しだけなら大丈夫」は、どちらも大間違い。
保管方法と使用期限はしっかり守って、快適なコンタクトライフを送りましょう!

コンタクトレンズ愛用者の温泉旅行・銭湯事情

topics-hot-springs

旅先の温泉や近所の銭湯で、からだをほっこり温めて、日々の疲れをリフレッシュしたい!
季節を問わずたくさんの人に愛されている日本各地の温泉や、地域の憩いの場となっている銭湯(日帰り温泉施設)を存分に楽しみたいけど、「コンタクトレンズを着けたままの入浴は不安」とお悩みのコンタクトユーザーはたくさんいます。温泉や銭湯を利用する際の注意点をしっかりおさらいし、できるだけ快適に醍醐味を味わえる方法を身につけましょう!

1.温泉入浴時の装用リスクを正しく知る

住み慣れた自宅での入浴時と同様、コンタクトレンズを着けたまま温泉や銭湯に入る際には、気をつけなければならない、知っておくべきリスクがいくつかあります。
瞳に直接触れるコンタクトレンズの素材は、とてもデリケート。高温多湿となる浴場内では、お湯の影響でレンズが変形してしまったり、石鹸やシャンプーが不意に目に入る恐れもあります。
また、ただの“お湯”ではない温泉の成分がレンズに付着することによる不具合も十分起こり得ます。目の病気やトラブルを避けるためにも、温泉や銭湯でのコンタクトレンズの利用は極力控えることがおすすめです。

2.浴場やサウナではコンタクトレンズが外れやすくなる

自宅のお風呂、温泉、銭湯を問わず、コンタクトレンズをつけたままの入浴で最も気をつけたいのがレンズの紛失です。
レンズが水分を吸収しすぎると、レンズの見え方に支障がでる可能性だけでなく、ずれたり外れやすくなります。
また、サウナでの利用も要注意。室温の高さと乾燥によってレンズの変形はもちろん、外れやすさも一気に高まります。温泉や銭湯では特に、一度外れてしまったレンズを見つけるのは至難の業。お湯に顔をつけないこと、洗顔・洗髪を避けることだけでなく、紛失のリスクが常につきまとっていることを意識しなければなりません。

3.「どうしても」のために、1dayタイプのソフトコンタクトを

入浴時のコンタクトレンズの利用は極力避けるべき理由を紹介しましたが、家族や友人と初めて訪れた温泉では、景色や風情も含めて存分に堪能したいものです。
コンタクトレンズの代わりにメガネをかけても浴場内では曇ってしまいますし、レンズやフレームの変形・損傷も起こりがち。
また、裸眼では眼の前や足元が見えづらく、転ばないように、人を間違えないようにと気を使うことに必死になってしまいます。それではむしろ、疲れがたまってしまう一方。「せっかくの旅先の温泉なんだから、どうしても着けたまま入りたい」と言う人は、1dayタイプのソフトコンタクトレンズを装用しましょう。温泉に入る時だけ利用して、上がったらすぐに外して処分する。入浴時に使い捨てタイプのソフトコンタクトを利用する場合でも、この条件は必須です。

【まとめ】コンタクトをつけたままでも安心して楽しめるように

温泉や銭湯などのお風呂場で、メガネのように視界が曇ることなく、足元や手元がはっきり見えるようにコンタクトレンズを使用することは、怪我の予防やストレスを感じないためにとても重要です。
露天風呂からの景色もぼやけてた、目の前の段差に躓いて転んだ、床で足を滑らせてしまった、一緒に入ったはずの友人や家族がどこに行ったかわからない・・・。こんな不便なことがあっては、せっかくの楽しみも醍醐味も味わえません。
だからこそ、コンタクトレンズを着けて入浴する際のリスクや注意点をしっかり把握して、使い捨てレンズのみを正しく利用すること。浴場内ではお湯が眼に入らないように十分注意して、入浴時間などにも気を配りながら、リラックスタイムを過ごしましょう。

BOTTOM