MENU

2018年3月 目とコンタクトの
大事な知識

子供のコンタクトレンズっていつから使えるの?子供のコンタクトレンズデビューについて知っておきたいこと

topics_child_lens

最近は、スマートフォンやテレビゲームの普及により子供の視力低下が懸念されています。昔なら、メガネを作る方が多かったかもしれませんが、おしゃれの観点からメガネを嫌がる子供が増えたり、スポーツがしづらいという理由で小さいうちからコンタクトの使用を希望する子供は年々増えているそうです。一方で、「子供にコンタクトレンズを与えてもいいの?子供のうちからコンタクトレンズを使って目に影響はないの?」と心配される保護者の方も多いですよね。そこで、今回は子供のコンタクトレンズの使用について学んでいきたいと思います。

1.忘れてはいけない!コンタクトレンズは「高度管理医療機器」

コンタクトレンズの使用に年齢制限は設けられていませんが、一般的に中学生・15歳からが望ましいとされています。その理由の1つとしては、管理の難しさがあげられます。私たちの生活に馴染んでいて忘れている方もいると思いますが、コンタクトレンズは歴とした「高度管理医療機器」。そのため、洗浄・消毒などしっかりと管理を行い、用法を守って使用することが何より大切なのです。その観点から、小学生くらいの子供にコンタクトレンズの正しい使用は難しく、避けたほうがいいとされているのです。

2.角膜内皮細胞を守るためにも中学生からの使用が望ましい

コンタクトレンズの使用が中学生からが望ましいもう一つの理由として、小さい頃からコンタクトレンズを使用していると、加齢に伴い減少する角膜内皮細胞(かくまくないひさいぼう)の死滅を促進させる可能性があるためです。角膜内皮細胞とは角膜の一番内側にある透明の膜で、血液のかわりに空気中から酸素や栄養分を取り入れてくれている細胞のこと。この角膜内皮細胞は、生まれた時から数が決まっていて、一度減少してしまうと再生することはありません。コンタクトレンズの長時間装用や間違った使用による極端な酸素不足は、角膜内皮細胞の減少に繋がると言われているため、しっかりと管理ができる年齢まで使用を控えることが望ましいというわけです。

3.子供がコンタクトレンズを使う際に注意してほしいこと

しかし、激しく動くスポーツは、メガネだとずれてしまい集中できないといったこともあります。そうした時には、保護者の方がしっかりと正しいコンタクトレンズの使用方法を指導してあげることが大切。下記に、子供がコンタクトレンズを使用する際の注意点をいくつか挙げてみたのでチェックしてみてください。

3-1 メガネの準備は必須

目やコンタクトレンズのトラブルは、ある日突然起こります。トラブルに対応できるように、コンタクトレンズを使うようになってもメガネの準備は忘れず行いましょう。特に、目の矯正機器を初めて使うお子様はメガネの準備を先にした方が安心です。

3-2 保護者の方の正しい指導が大切

コンタクトレンズの取り扱いは、清潔・安全が第一です。洗浄方法や消毒方法、トラブル時の対処法など、子供に指導できるようにまずは保護者の方がコンタクトレンズについての正しい知識をつけることが大切です。

3-3 日頃からのチェックも忘れずに

子供の目は、大人よりもデリケートにできています。子供が少しでも違和感を感じているようでしたら、悪化して取り返しのつかないことになる前に眼科を受診させましょう。また、装用時間がきちんと守れているかも常に確認します。

3-4 こまめな定期検診を!

目に異常がなくても、こまめな定期検診を受けるようにしましょう。コンタクトレンズを初めて使用する場合は、レンズ装用日から1週間後にまず異常がないか検査を受けます。その後、1ヶ月後・3ヶ月後と眼科医の指示に従い定期的に検査を受けるようにします。この際、事前に見え方や装用感に違和感がないか、子供に確認しておくと受診がスムーズに進みます。

【まとめ】

進学や新学期を控え、子供のコンタクトデビューを考えている保護者の方も多いと思います。冒頭にも述べましたが、コンタクトレンズは「高度管理医療機器」。取り扱いの方法を1つ間違えると、大変なことになる可能性も十分に考えられます。お子様がコンタクトレンズを使用する際は、正しい使い方ができるように眼科医と相談して、保護者の方がしっかりとサポートしてあげるようにしましょう。

最近人気の「サークルレンズ」。人気の秘密とおすすめサークルレンズをご紹介!

topics_circle_lens

最近、テレビなどで見かける機会も多い“サークルレンズ”のCM。素敵な女優さんが使っていて「ちょっと使ってみたいな」と興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、目の印象を簡単に変えることのできるサークルレンズについてご紹介したいと思います。おすすめのサークルレンズもピックアップしてますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.サークルレンズってどんなもの?

サークルレンズとは、前面にカラーが入ってるカラコンとは違い、レンズのフチに色が入っているレンズのことを指します。黒色や茶色系のナチュラルなカラーのものが多く、見た目に違和感がないことから自然に見えると男女問わず人気を呼んでいます。

2.カラコンとサークルレンズってちがうの?

カラコンとサークルレンズは、一見見た目が似ているデザインのものも多いので、はっきりとした違いがわからない方もいらっしゃると思います。そこで、カラコンとサークルレンズの違いをそれぞれあげてみました。

2-1 カラーコンタクトレンズ

カラコンは、はっきりとした色やデザインのものが多く、バリエーションも豊富なため、ファッションの一部として楽しむ人が多いレンズです。レンズの全面に着色が施されているため「瞳の色味自体を変えることができる」のが特長です。

2-2 サークルレンズ

サークルレンズは、黒目の外側にサークルがくるようにデザインされているので「本来の瞳より大きく見せることができます」。これが一番の特長です。そして、自然なカラーのものが多いため、装用していることがばれづらく、あくまでも自然に印象を変えることができるのがメリットです。

3.おすすめサークルレンズをご紹介!

「でも、サークルレンズってたくさん種類があってよく分からない!」って方も多いはず。ここでは、おすすめのサークルレンズをいくつかご紹介したいと思います。

シード Eye coffret 1day UV

「シード Eye coffret 1day UV」は、瞳の輪郭を際立たせる、超薄型UVカット機能付きサークルレンズ。「Base Make」・「Natural Make」・「Rich Make」・「Grace make」の4種類があり、その日の気分やファッションに合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。
  • ・非イオン性レンズ
    タンパク質などの汚れがつきにくく、乾燥しにくい素材を使用。
  • ・超薄型レンズ
    中心厚は0.05mm(-3.00Dの場合)の超薄型。なめらかで快適なつけ心地。
  • ・インナーカラー構造
    着色部分が瞳に直接触れない構造なので、安心。

ワンデーアキュビュー ディファイン モイスト

日本人の瞳をもっとも輝かせるといわれている、“瞳の黄金比率”(白目1:黒目2:白目1)に近づけてくれる「ワンデーアキュビュー ディファインモイスト」。カラーやデザインのバリエーションが全6種類あり、なりたいイメージやシーンに合わせて選べます。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・瞳本来の輝きを活かすデザイン
    瞳の模様をもとにしたデザインと、独自の繊細な着色プリント技術により実現した透明感あふれるデザインで、瞳本来の美しさを引きだす。
  • ・瞳の安全性にも配慮
    色素が直接瞳に触れないサンドイッチ構造を採用し、着色部でも酸素が瞳まで届く設計。
  • ・朝から夜まで潤い続く
    レンズ内に閉じ込めた保湿成分が水分をキープして、ずっとレンズを保湿。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。

シード ヒロインメイク 1day UV

“天まで届け!マスカラ”で有名なヒロインメイクとSEEDが共同開発した、超薄型UVカット付きサークルレンズ「シード ヒロインメイク 1day UV」。ヒロインメイクオリジナルのカラーとデザインで瞳の輪郭を際立たせてくれます。

  • ・1dayタイプ
    1day使い捨てタイプのレンズなので、レンズケアの手間が省けて楽チン。
  • ・UVカット機能
    シミなど、肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)をカット。
  • ・非イオン性レンズ
    タンパク質などの汚れがつきにくく、乾燥しにくい素材を使用。
  • ・超薄型レンズ
    中心厚は0.05mm(-3.00Dの場合)の超薄型。レンズ周辺部は、SEED独自の「スムース・エッジ・デザイン」を採用。快適なつけ心地を実現。
  • ・インナーカラー構造
    着色部分が瞳に直接触れない構造なので、安心。

【まとめ】

いかがでしたか?あくまでも自然に瞳を大きくみせてくれたり、印象を変えてくれるサークルレンズ。学校や職場につけていきたい方でも安心して取り入れることができますよね。春の新生活に向けて、サークルレンズを活用してイメージチェンジを図ってみてはいかがでしょうか?お試しもできますので、一度眼科で相談してみてくださいね!

BOTTOM