MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

コンタクトしたまま泳いで大丈夫?プールでコンタクトレンズを使用する際の注意点とは!

topics_pool

年々、健康志向の人が増加し夏だけではなく年間を通してプールを利用する人は多くなったと思います。そこでコンタクトレンズ愛用者が気になるのは、コンタクトレンズを着けたままプールで泳いでいいの?という疑問ですよね。なんとなく駄目な気はしているけど…って人多いのではないでしょうか?一般的には「プールで泳ぐ時はコンタクトレンズは外すべき」だと言われています。そこで今回は、プールで泳ぐ時のコンタクトレンズの取扱い方法についてご紹介します。

1.どうして駄目なの?塩素がコンタクトレンズに与える影響について

では、なぜコンタクトレンズを装用したままプールで泳ぐと危険なのかということですが、もともとコンタクトレンズは、水分を吸収する性質を持っています。なので、コンタクトレンズを装用したままプールで泳ぐとプール内の水に含まれている塩素や細菌などの不純物を裸眼時よりも吸収してしまうのです。この塩素がコンタクトレンズに付着し、長時間目の中にとどまると角膜が傷つきます。そこに細菌が入ると角膜炎や結膜炎などの眼病を引き起こし、視力低下につながる可能性も出てきます。特にソフトコンタクトレンズは、その浸水力の高さから影響を受けやすいと言われています。

2.ではプールで泳ぐ時は、どうすればいいの?

2-1.ワンデータイプのレンズを利用するのもOK!

対策の1つ目として、プールで泳いだ後は必ず一度コンタクトレンズを外し目とコンタクトレンズの両方を洗浄するようにしましょう。もしくは新しいコンタクトレンズに取り替えましょう。塩素や不純物がついたままのコンタクトレンズをそのままにしておくと、レンズ自体が変形してしまったり、目に悪影響を与えることになってしまい様々なトラブルの原因になります。その際、オススメしたいのがワンデータイプのコンタクトレンズです。ワンデータイプなら、すぐに取り替えることが出来て便利ですし、もしプール内で紛失してしまった場合でも安心です。

2-2.度入りゴーグルはプールで泳ぐ際の強い味方!

2つ目は、度入りゴーグルの使用です。度入りゴーグルとは、その名の通り度が入ったゴーグルで水中用に開発されたものです。スポーツ用品店や眼鏡屋さんで購入することが可能で、最近ではインターネットで購入することも出来るようになりました。購入の際、気をつけるポイントとしては、いつも使用してるコンタクトレンズの度数より低い度数を選ぶということです。なぜかというと、水中では屈折率に違いがあり水中の方が対象物が大きく見えるからです。また、水中では日常ほど細かい字を見たりすることもないので普段の度数より低くても問題ありません。もちろん、コンタクレンズの上から普通のゴーグルを使用しても効果はあります。しかし、完全に水の侵入を防ぐことは難しいですし、レンズがずれてしまったり紛失する恐れもありますので、なるべく度入りのゴーグルを使用するようにしましょう。

【まとめ】

今回は、プールで泳ぐ際のコンタクトレンズの取り扱い方法についてご紹介しました。普段コンタクトレンズを装用しているとそのままプールでも泳いでしまいたくなりますよね?しかし、コンタクトレンズを装用したまま泳ぐ行為には多少のリスクがあることを理解しておいてください。正しい方法でコンタクトレンズを利用して、プールを楽しんでくださいね!

白目がぶよぶよに腫れている気がする!その病名と対処法とは?

topics_chemosis

目が痒いな、目に何か違和感があるなと思い鏡を見てびっくり!白目がぶよぶよのゼリー状に盛り上がっている!そんな経験したことありませんか?それは、「結膜浮腫(けつまくふしゅ)」という目の病気かもしれません。簡単に言えば、目がむくみを起こしてしまっている状態です。今回のコラムでは、結膜浮腫の原因や治療法について詳しく見ていきましょう。

1.結膜浮腫とは?

結膜浮腫とは、白目の部分がぶよぶよのゼリー状に盛り上がる病気です。一般的に子供に多く見られる病気ですが、大人でもかかることはあります。症状としては白目の部分がゼリー状に盛り上がる他に、痒みを伴ったりゴロゴロするなどの違和感が生じます。症状の程度は人それぞれで、軽くシワが寄ったような状態から白目全体がぶよぶよに盛り上がる状態まで様々。ひどい場合には、瞼を閉じるのが困難なこともあるようです。

2.結膜浮腫の原因は?

白目の表面には結膜という透明な膜があります。結膜は、白目の表面にぴったりとくっついているわけではなく、少し空間があります。この空間に何らかの原因で水がたまり、むくんだ状態が結膜浮腫です。結膜浮腫になりやすい人は、もともとアレルギー性結膜炎を持っている人や花粉症の人。痒みで目を擦ったり掻いたりと刺激を与えることが原因で起こることが多いようです。

3.結膜浮腫の治療法は?

結膜浮腫は見た目のインパクトが大きいので、慌てて眼科に駆け込む人が多いようですが、一時的なアレルギー反応の一種なので、時間が経てば自然に治る場合がほとんどです。痒くても、擦ったり掻いたりせず触らないことが大事。目に刺激を与えず安静にすることが一番の対処法と言えるでしょう。どうしても痒みが我慢できない場合は、保冷剤などをタオルに巻いて目元を冷やすと少し緩和されます。しかし、症状が何日も続く場合や強い痛みを伴う場合は、他の病気が疑われますので一度眼科を受診しましょう。

4.コンタクトレンズが原因の場合も!

結膜浮腫にかかっていなくても、白目の部分がぶよぶよのゼリー状になってしまう場合もあります。その原因は、コンタクトレンズの不適切な使用が考えられます。
・コンタクトレンズの洗浄が不十分
・汚い手でコンタクトレンズ装用したことで菌が目の中に入る
・ドライアイによる乾燥で目に傷がつく

など。その時は症状が治まるまでは、コンタクトレンズの使用は一旦中止し様子をみましょう。また、対策としては普段からコンタクトレンズを清潔に保ち、ドライアイにならないように適度に目薬を点眼する、結膜浮腫の時と同様、擦ったり掻いたりしないことが大切です。

【まとめ】

結膜浮腫はほとんど痛みを伴わないので、自分では気付かず鏡を見たり、他人に指摘されて初めて気づく人が多いようです。基本的には、そこまで深刻な症状ではないので心配する必要はありませんが、頻繁に結膜浮腫を繰り返すような場合は、主な原因となるアレルギー性結膜炎に対する根本的な治療が必要です。一度眼科で相談してみましょう。
また、普段から部屋をこまめに掃除したり布団を干すなどして、アレルギー性結膜炎を引き起こす埃・カビ・ダニ・ハウスダストなどを溜め込まないことも予防としては大切なことです。

ペットにも専用のコンタクトレンズがあるって知ってましたか?進化する動物医療の未来!

topics_pet

今や、世界一のペット大国となった日本。現在では、子供の数よりペットの数が多いと言われていて、私たちにとって家族同然のかけがえのない存在となっています。そんな大切なペットが目の病気になってしまったらどうしますか?症状を訴えることの出来ないペットの痛みを少しでも和らげてあげたいと思うのは、飼い主として当然の気持ちです。そのための1つの治療方法としてペット専用のコンタクトレンズがある事をご存知でしたか?今回は、ペットのために作られたコンタクトレンズについて探っていきます!

1.ペット専用コンタクトレンズとは?

ペット専用のコンタクトレンズは、人間用のコンタクトレンズとは少し目的が異なり、視力矯正のためではなく、眼を保護するために使われています。動物は眼の病気にかかってしまうと、見ていて痛々しいほど眼が真っ赤な状態になります。そして痒みや痛みが伴うと、自分でかいたり触ったりしてしまうので症状が悪化したり、ひどい場合には失明してしまうことがあります。特に猫の目は、喧嘩の傷や風邪などによってすぐに炎症を起こすほど弱く、簡単に失明してしまうそうです。

2.ペット専用のコンタクトレンズの目的

そのような時に使用するのが、ペット専用のコンタクトレンズです。目の病気にかかったペットに装用させることによって、菌の二次感染を避け、動物が自ら目を触って眼球が傷つく事を防ぎ回復を早める効果があります。またコンタクトレンズを装用することにより、傷と空気や埃・ゴミとの接触を防げるため、ぺットの痛みを和らげてあげることが出来ます

3.白内障の犬のために・・

ペット専用のコンタクトレンズが日本で初めて登場したのは1997年のことです。白内障にかかった犬のために、水晶体の代わりに視覚を補正することが目的でした。ペットの白内障は人間と同様で、水晶体の一部や全体が白く混濁することにより視界がぼんやりしたり、物との距離感がつかめなくなったりする病気です。そのため、まっすぐ歩けず物や壁にぶつかったり、反応が弱くなったりして日常生活に支障をきたします。そこで、その濁った水晶体を手術によって「人工水晶体(犬用眼内レンズ)」と取り替えてあげることによりペットの視力を改善させる手術が行われました。この時使用された人工水晶体こそが、ペット専用のコンタクトレンズの始まりなのです。

4.馬専用のコンタクトレンズ!

ますます進化するペット医療界。最近では、競走馬専用のコンタクトレンズも登場しています。馬の眼球は、直径4.5cm以上と陸上で生きる哺乳類の中では最大です。大きな馬の眼に、レース中に大量の砂埃が入ることは当たり前で、そのままの状態にしておくと眼の病気の原因にもなってしまいます。そこで開発されたのが馬専用のコンタクトレンズ。砂埃が目に入らないようにする他にも、他の馬への菌の感染も防いでくれる優れものです。

【まとめ】

高齢化社会が進んでいるのは、人間の世界だけではありません。ペットの世界も高齢化が進んでいるそうです。歳をとると共に白内障などの目の病気を発症するのは人間もペットも同じです。特に、喋ることのできないペットにとって、瞳からの情報は大きいものです。愛するペットが目の病気になってしまった場合、治療方法を知っておくことは飼い主として大事なこと。普段から飼い主は、ご自身の目も、ペットも目も大切にしてあげましょう。

実は単なる気球じゃなかった?眼科で行う気球の検査の謎とその役目とは

topics_ref

眼科での検査の1つに、器械の中の気球を見る検査があります。あの気球を見る検査は一体何を調べているのでしょうか?長年、眼科に通われている方でも、未だに謎のままという方は多いのではないでしょうか?今回は、気球を見る検査でどのようなことが分かるのか調べていきます!

1.覗くだけで色々なことが分かる優れもの「オートレフケラトメーター」

あの気球が見える器械の名は、「オートレフケラトメーター」といいます。オートレフケラトメーターに顎を乗せ覗き込んだ先に見える気球。最初はぼやけていますが”カチカチ”と調整されて、だんだんと綺麗に見えてきます。実はこの作業、瞳のピントが合う瞬間を探っているのです。オートレフケラトメーターは、この数秒の作業の間に屈折力や遠視、近視、乱視など様々な目の検査を自動的に行うことが出来るすごい器械なのです。

2.気球の意味とは?

では、なぜ気球の画像なのでしょうか?その答えは、遠くにある気球の画像を使うことによって眼の調節が自然と遠くへと向かい、真っすぐ真ん中を見た状態で検査を行うことが出来るからです。通常、私たちの眼は遠くを見る時は水晶体を薄くし、近くを見る時は水晶体を厚くするという調整を行いながら絶えずピントを合わせています。オートレフケラトメーターでの検査中、この調整機能が働いていると正確な検査結果が得られなくなります。よって、遠くの一点をぼうっと見る事が必要なんですね。手前に道があってその先に気球があるレイアウトも、遠くに感じさせるための工夫の1つだったのです。

3.オートレフケラトメーターの検査データと視力検査のデータは別物!

オートレフケラトメーターの検査で得られるデータは最初に述べましたが、屈折力や遠視、近視、乱視などの目の状態です。人間の視力は、このデータにピントの調節機能などの要因が加わって変わります。ですので、オートレフケラトメーターでの検査データと視力検査のデータは別物です。ちなみに視力検査は、オートレフケラトメーターで得られたデータを基に検査時に使うレンズの度数を決めています。コンタクトレンズを処方する際も、オートレフケラトメーターで計測した角膜の曲率を参考に、レンズのベースカーブを選択します。しかし、あくまでも参考データですので実際に装用してみて違和感がないかどうかは自身で判断することが大切です。

4.オートレフケラトメーター検査の注意点

では、ここでオートレフケラトメーターでの検査の正しい受け方についていくつか説明します。
・まずはリラックスすることが大切です。目に力を込めて、気球を見ようとすると正しい状態で検査が行われません。力を抜いて、リラックスした状態で気球を見ましょう。
・目の表面が乾いていると、正しい検査出来ません。事前にドライアイ用の目薬を点眼するか、機械に顔を乗せる前に何度かまばたきをしておきましょう。
・まぶたやまつ毛が瞳にかかると正しい検査が行えません。出来る限り、目を大きく開いた状態で検査をします。
・あごとおでこをしっかりと検査台につけて覗き込みます。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?今までなんとなく受けていたオートレフケラトメーターによる検査でしたが、あの短いの時間の中でたくさんのデータが得られていたというのは驚きですよね。オートレフケラトメーターは、レーシック手術の前の検査にも用いられており、私たちの目の検査にはとても大事な役割を果たしているのです。次回、眼科を受診した際にはぜひ注目してみてくださいね。

目にも日焼け対策が不可欠!?知るほど怖い紫外線のはなし

topics_uv

じめじめした梅雨もすっかり明けて、うだるような暑さが続く毎日ですが、皆さん夏バテしていませんか?
夏本番になると、海に山に、夏フェスにと野外レジャーの話題が多くなってきますよね。そんな時に気になるのが、やっぱり紫外線ではないでしょうか。
日焼け止めをしっかり塗って、帽子をかぶって準備万端!でも、意外と見落とされがちなのが目の対策。実は、日焼けや他の健康被害を防ぐには、肌はもちろん紫外線から目を守ることが大切だと知っていましたか?今回は意外と知られていない目と紫外線の関係についてまとめました。

1.そもそも紫外線って何?

「紫外線=ultraviolet(ウルトラバイオレット)」とは太陽光のなかで、可視光線より波長が短くエネルギーの高い光のこと。よく耳にする「UV」はこの略称です。
紫外線は大きくUVA・UVB・UVCの3種類に分類され、そのうち地球に届いているのはUVA(95%)とUVB(5%)だと言われています。
UVBは量自体は少ないものの、UVAより強いエネルギーを持っていて、オゾン層の破壊によって地球に届く量が年々増えています。そしてこのUVBこそが、生物に大きな悪影響を与えるのです。

2.日焼けだけじゃない!紫外線と目の病気

紫外線と聞いて真っ先に思い浮かべるのは肌の日焼けではないでしょうか。しかし、意外にも一番多いのが目の病気なんです!
紫外線による目の病気として代表的なものは、白内障、翼状片(よくじょうへん)、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)などが挙げられます。
皆さんご存知の白内障は、長年浴び続けた紫外線が水晶体に蓄積されることで組織が変化して起こる病気です。近年の紫外線量の増加によって、ひと昔前より白内障発生率の年齢が若くなってきていると言われています。
また、コンタクトレンズを装用する人の間で増えている「角膜炎」も、紫外線が原因で起こる場合があります。一般的な角膜炎は細菌の感染で発症しますが、
強い紫外線を浴びると角膜が傷つき、黒目の表面から炎症を起こすことがあります。これが目の日焼け=紫外線角膜炎です。紫外線角膜炎になると、充血や異物感、目の痛みを感じることがあります。

3.目にうけた紫外線は肌にも悪影響を及ぼす!?

意外と知られていないのが、目から受けた紫外線は、実は肌にも悪影響を及ぼすということ。つまり、目からの紫外線が、肌の日焼けにつながってしまうのです!
目が紫外線を浴びるとまず、角膜が炎症を起こします。そして、その炎症が刺激になり脳下垂体に伝達され、体の防衛本能として紫外線を吸収しようとするメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。メラニン色素はご存知の通りシミの原因。これによって肌の老化も進んでしまいます。

4.コンタクトレンズもUVカットの時代

長時間日光を浴びる場合、目を守る必要があることをご理解いただけましたか?ではどうやって目から入る紫外線を防げば良いのでしょうか。いちばん身近なのは、サングラスかも知れませんね。
しかし、サングラスを選ぶ場合は形に注意が必要です。サングラスと顔の間に隙間が多いと紫外線が隙間から入り込んでしまい、角膜周辺で屈折した後、目の鼻側に集中してしまいます。この結果、合わないサングラスを使うことで、普段よりも強い紫外線ダメージを受けることになりかねません!できるだけ顔との隙間がないものを選ぶようにしましょう。
また、最近ではコンタクトレンズにもUVカット機能付きのものがたくさんあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。コンタクトレンズなら、紫外線の屈折や集中の心配はありません!1Dayタイプから2WeekタイプまでUVカットコンタクトレンズは種類も豊富に登場しているので、シーンによって使い分けてみるのもおすすめです。
自分に合ったUVカットコントクトレンズを使って、紫外線を気にせず夏の野外イベントをエンジョイしましょう!

BOTTOM