MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

遠近両用コンタクトレンズで新時代の老眼対策

topics_1115

近年、コンタクトレンズ製造メーカーが質の向上に力を入れている遠近両用タイプのレンズは、40代以降の人にとって避けては通れない悩みである「老眼」の対策に効果的なアイテムとして注目されています。「コンタクトレンズは若い人が着けるもの」は一昔前。老眼鏡だけが選択肢だった時代から、近くの文字も遠くの景色も1枚のレンズで見ることができるコンタクトレンズを“選びたくなる”時代がやってきました!

1.目がいい人も悪い人も、老眼は必ずやってくる。

「目のいい人だけが老眼になる」と耳にしたことはありませんか?それはまったくの嘘です。目の中の水晶体と毛様体筋のはたらきは、加齢とともに次第に衰え、見たい場所にうまくピントを合わせられなくなります。正常な視力をもつ正視の人も、メガネやコンタクトレンズを使用している近視、遠視、乱視の人も、歳を重ねれば必ず老眼(老視)が進行していくのです。違いがあるとすれば、老眼の自覚症状に気づくまでの早さだけ。普段からメガネやコンタクトを利用し、遠くが鮮明に見えている人でも、40代を境に手元の文字がだんだんと見えづらくなっているはずです。外した直後の裸眼の見え方で、老眼の進み具合は測れません。

2.一人ひとりにピッタリの遠近両用コンタクトを!

誰しもに共通の老化現象に逆らうことはできません。ならば、現実を受けとめ、うまく付き合い、適切に対処していくことが大切になります。「最近、老眼かな?」と思ったら、使用中のコンタクトやメガネの度数を変えたり、老眼鏡を購入することが一般的な対処策ですが、遠近両用のコンタクトレンズを装用する選択肢はいかがでしょう。日本国内での普及率は海外と比べて低い遠近両用コンタクトですが、メガネとは違った見えやすさと便利さに驚くこと間違いなしです。

3.遠くも、近くも、1枚のレンズで自由自在。

遠近両用コンタクトレンズの種類はおもに2つ。遠くを見るための度数と近くを見るための度数がはっきり分かれたものと、レンズの真ん中から外側にかけて遠用・中間用・近用のそれぞれに適した度数が同心円状に分布したものです。ユーザーの視力や生活のシーンに合わせた使い勝手のよい商品を、眼科医に相談して選ぶことが望ましいでしょう。見たいものが遠くても、近くても、レンズはその意思に合わせて自由自在に動き、はっきりとした視界を保ってくれるのです。

4.遠近両用レンズをはじめて試すなら!

老眼の症状が気になり始めた人にオススメしたいのが、ソフトタイプの遠近両用レンズです。使い捨てができる「シード 1Day pure マルチステージ」は、国内一貫生産の安心と自然な見え方を追求した光学設計が魅力。レンズ素材や保存液にもこだわった、うるおい感たっぷりの一押し商品です。コンタクトデビューが老眼を自覚してからでも遅くはありません。自分自身に合った、満足感の得られる老眼対策をぜひ!

【まとめ】見た目スッキリ、視界クッキリ、老眼向けコンタクト。

普通のコンタクトレンズと遠近両用コンタクトレンズの違いは、度数の分布のみです。製造方法や使用されている素材はもちろん、装用時間や日常のケア方法はまったく同じです。だからこそ、コンタクトユーザーなら自然に移行できるのも大きな魅力のひとつ。顔を遠ざけて文字を読んだり、老眼鏡を小まめにかけ外す手間がなくなれば、ストレスの軽減にもつながります。見た目はスッキリ、それでいて視界はクッキリの“一石二鳥コンタクト”で、新時代の老眼対策を!

毎日使うパートナーだから知っておきたい。コンタクトレンズの素材と製造方法

topics_img_material

大切な自分の目に直接触れるコンタクトレンズ。コンタクトユーザーにとっては、日々の生活をともに送るパートナーです。
店頭に並ぶ様々なメーカー、種類のコンタクトができ上がるまでの製造過程を知れば、毎日のお手入れや保管にもっと愛情が湧いてくるかも。自然で快適なつけ心地のレンズをつくる素材と、完成するまでの3つの製法と技術を紹介します。

1.コンタクトをつくる多種多様な素材

あなたの好みや用途に合わせて装用するコンタクトは、主に「ハードコンタクトレンズ」「ソフトコンタクトレンズ」の2種類に分類されます。現在、市場に出回っている様々なコンタクトに用いられている素材は、こんなに多種多様。

ハードコンタクトレンズ

メチルメタクリレート(MMA)・シロキサニルメタクリレート(SMA)・フルオロメタクリレート(FMA)

ソフトコンタクトレンズ

ハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)・N-ビニルピロリドン(N-VP)・ジメチルアクリルアミド(DMAA)・グリセロールメタクリレート(GMA)・シリコンラバー・ブチルアクリレート・ジメチルシロキサン

これらレンズの原料を「モノマー」と呼び、商品の度数・厚さ・形状に加工されることで、人の瞳にピッタリ合う安心安全なコンタクトレンズとして私たちの元へと届くのです。

2.切る、削る、磨く。こだわりの「レースカット製法」

レースカット製法(切削研磨法)は、主にハードコンタクトやカスタムオーダーのソフトコンタクトの製造に適した方法です。レンズそれぞれの特徴や要望に沿ったこだわりの一枚を仕上げることができますが、その分の手間ひまも要します。

img01

その1

レンズの原料となる素材を円筒の棒状に加工し、一枚分ずつの大きさのボタン状にカット。ここまでのイメージは、どこを切っても同じ模様が現れる金太郎飴を想像すると分かりやすいかも。

その2

高速回転させた素材をダイヤモンド製の硬い刃で切削します。表と裏の両側からレンズの基礎となるカーブができあがったら、摩擦や段差を取り除く研磨へ。レンズの透明感やなめらかさは、丁寧な磨きの作業でつくられます。

その3

削りと磨きが終わったら、ハードコンタクトは一足先に完成。有毒成分を除去する抽出、検査、高圧蒸気での加熱滅菌の工程に進みます。ソフトコンタクトは生理食塩水に漬けて含水させる膨潤を経て、抽出・滅菌などの仕上げとなります。

3.大量生産を実現する。効率的な「キャストモールディング製法」

大量生産を必要とする使い捨てレンズの製造によく用いられるキャストモールディング製法(鋳型法)は、各商品に応じて精密設計された上下2つのモールド(型枠)の片側に液状の原料を流し入れ、もう一方を挟み込んでコンタクトレンズの形状に仕上げていきます。同一製品をくるいなく、短時間で大量に仕上げられることから、最もコストパフォーマンスが高く、品質の安定性も見込める製法とされています。

img02

その1

凹型モールドにレンズの原料を注入し、上から凸型モールドを押し込みます。凹凸の組み合わせでレンズの形状、厚さ、エッジの形まで決まるんです。同じ形やデザインのものを一度に大量に作ることからも、ワッフルをつくる場面を想像すると分かりやすいかも。

その2

型どられたレンズに紫外線照射や加熱などの処理を施すと、レンズの原料は結合してモノマーからポリマー(重合体)となります。レンズの安定感を生むためにも重合の工程は欠かせません。型から取り出されたレンズは、ソフトコンタクトに仕上げるための膨潤と仕上げへ進みます。

4. 形状を決める遠心力。自由自在の「スピンキャスト製法」

スピンキャスト製法(遠心成型法)は、凹型モールドの回転による遠心力だけを使って様々なレンズを作ることができます。レースカット製法よりもコストを押さえられる大量生産向けの方法として、ソフトコンタクトを製造する場で普及しました。

img03

その1

液状のレンズ原料を高速で回転する凹型の容器に入れると、半円のカーブに沿って素材は拡がっていきます。瞳に直接触れる裏面の形状やレンズの厚さを決めるのは、回転のスピード、原料の量や粘度です。

その2

モールドの中の形状が安定したら、キャストモールディング製法と同じ重合の過程へ移ります。取り出したレンズのエッジを磨いて成型し、膨潤、検査、滅菌のステップを経てソフトレンズのできあがりです。

【まとめ】

薄くて小さなレンズをかたち作る製法に違いはあれど、どの商品も高度管理医療機器として厳正な検査を受けたものばかりです。
1940年代にハードコンタクト用プラスチック「ポリメチルメタクリレート(PMMA)」が開発され、瞬く間に世界中へと普及したコンタクトレンズ。
「ハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)」を用いたソフトコンタクトの開発にいたっては1960年代とまだ歴史は浅く、時を重ねて人間の瞳に適した素材や効率的な製法が生み出されてきました。この先また、コンタクトユーザーのお悩みを解決してくれる画期的な素材のできあがる日がやってくるかもしれません。

カラコン界人気NO1!ナチュラルなブラウンカラーで魅力的なあなたに

7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_l

おしゃれの必須アイテムとして利用者急増中のカラーコンタクトレンズ。選べるカラー展開やデザイン性が広がる一方のなか、常に人気上位を独占するのが「ブラウンカラー(茶色)」です!
カラコン界で敵なしのブラウンカラーが、定番、王道の色味として年齢や性別を問わずに愛され続ける理由とは。いま、おすすめの商品とあわせてご紹介します!

1.カラコン初心者にも使いやすい自然な色味

ブラウンカラーのカラコンの最大の特徴は、ナチュラルな色味による万能性です。日本人の瞳になじみやすい自然な風合いは、カラコン初心者にとっても試しやすく、プライベートはもちろん、周りからの目線が気になりがちな学校や会社などの場でも、さりげなく使用することができます。シーンを問わず、「わかる人にはわかる」くらいの変化を楽しめる気軽さが、圧倒的人気を支えているのです。

2.飽きのこない豊富なカラーバリエーション!

人気No.1の座を守り続けるブラウンカラーのカラコンがおしゃれに敏感な女性を飽きさせない理由は、シンプルながらも奥の深い、豊富なカラーバリエーションにあります。シックな印象のダーク系から裸眼の色に近いナチュラル系、明度の高いイエロー系など、ブラウン色の濃さや配色デザインは、実にバラエティに富んでいます。“着ける楽しさ”だけでなく、”選ぶ楽しさ”もあわせもった色味だからこそ、カラコンデビューしたての人から長年の愛用者までの支持を掴んで離さないのです。
日本人の瞳がもっとも美しく見える黄金比率を採用したJohnson&Johnsonの「ワンデーアキュビュー ディファイン モイスト」からもブラウン系の3色(ヴィヴィッドスタイル・ラディアントブライト・ラディアントスウィート)が発売中!独自の着色プリント方法により瞳本来の潤いと輝きを守るデザインは、幅広い世代を惹きつけるカラコンです!

3.万能ブラウンカラーは男性の瞳にもなじむ強い味方

落ち着いた印象を相手に与える万能型のブラウンのカラコンは、男性のおしゃれアイテムとしても高い評価を得ています。日々のビジネスシーンやここぞのデートシーン、気分を変えたい休日に瞳をアップグレードすれば、いつもと違った雰囲気を醸し出せるはず!
「“スタイル”は瞳の領域へ」が合言葉のシード「PlusMode 1day Homme(プラスモードワンデーオム)for private」は、男性用ブラウンカラコン初心者にもうってつけの商品です。淡く、優しく、あなたらしいスタイルをつくる強い味方としておすすめします!

【まとめ】

普段づかいする人がどんどん増えているカラコンは、その日の気分、服装や髪型、季節や天候に合わせて、いろんな色やデザインを試してみるのもいいでしょう。特に、どんな場面にも使いやすいブラウンのカラコンは、お気に入りの商品を見つけたいマストアイテム!変わるのは、瞳の色や目力だけではないかも?
自然なグラデーション感で大きくなった瞳と同じ、一回り大きくなった気分で出かけましょう。“見た目は目から”。カラコンの上手な選び方、活かし方を覚えれば、あなたの人気もあがるかもしれませんよ!

JILL STUART×SEEDがコラボしたカラーコンタクトレンズ「JILL STUART 1day UV」がついに誕生!

JILL_1day_main

この夏、大人気アパレルブランドJILL STUART(ジルスチュアート)とSEED(シード)がコラボレーションしたカラーコンタクトレンズ「JILL STUART 1day UV」が誕生しました。デザイン・カラー展開は選べる3種類。ファッション感覚で楽しめる新しいカラーコンタクトレンズ「JILL STUART 1day UV」で、なりたい自分に一歩近づいてみませんか?

1.ジルスチュアートのカラコンが登場!ジルスチュアートとは

ニューヨーク生まれのアパレルブランド「JILL STUART(ジルスチュアート)」。洋服のみならず、ジュエリーやコスメなど女子の可愛いをトータルでバックアップしてくれる大人気ブランドです。昨年はオリジナルブランドのめがねを販売。今年はシードとのコラボレーションで待望のコンタクトレンズが発売されました。

2.コラボレーション秘話とは・・・

現在、カラーコンタクトレンズの多くは、イメージモデルの写真を見て選ばれることが多く、ユーザー自身が名前やメーカー名、レンズの特徴を把握していないことがほとんどだと言います。事実、ネットで“カラコン”と検索すれば選ぶのが難しいほど無数のカラーコンタクトレンズがヒットします。しかし、カラーコンタクレンズも普通のコンタクトレンズ同様、立派な高度管理医療機器!
色素を使用している分、しっかりと瞳の安全性が考慮されたものを選ぶことが大切です。そこで安全性とファション性を兼ね備えたカラーコンタクトレンズを作るべく、各分野の実力者であるSEED(シード)とJILL STUART(ジルスチュアート)がコラボーレションしたのです。

3.瞳もファッションの一部!

JILL STUART 1day UVの合言葉は、“瞳にファッションを”。洋服を選ぶように、メイクを楽しむように、瞳もファッションとして楽しんでもらいたいというのがJILL STUART 1day UVのコンセプト。そのため、カラーやデザインもジルスチュアートらしい繊細でファッショナブルなラインナップとなっているのが大きな大きな魅力です。パッケージも華やかで可愛らしいデザインが施され、持つだけで女子力がアップすること間違いなしです!

4.全部試したい!3種類のレンズ展開

JILL STUART 1day UVのレンズの種類は3種類。繊細なデザインと瞳になじむ絶妙なカラー展開が特徴です。自分のなりたいイメージや雰囲気に合わせて選んでみてくださいね。

フローラルピンク(Floral Pink)

レンズに小さなピンクの花々がデザインされていて、可憐で甘くうるんだ瞳を演出してくれるフローラルピンク。やさしく愛らしい雰囲気を演出したい人や瞳の色が明るい方におすすめのレンズです。

オートクチュールオリーブ(Haute Couture Olive)

よく見ると無数のリボンが絡み合ったデザインのオートクチュールオリーブ。絶妙なオリーブカラーは、瞳に馴染みながらも、抜け感やオシャレ感を演出。盛りすぎない明るくキュートなハーフ顔を演出してくれます。

ブリリアントブルー(Brilliant Blue)

ミラーモチーフに刻まれたJILL STUARTの「J」の頭文字が特徴のブリリアントブルー。凛としなやかなイメージに憧れる方や、黒目がちな瞳の方におすすめのレンズ。輝きと透明感で、瞬きまでエレガントに演出してくれます。

5.カラコンこそ安全性が大切

シード社ならではの安全性の高さもJILL STUART 1day UVの大きな特徴です。大切な瞳に着けるものだからこそ、安全性の高さは重要視したいポイント!ここでは4つの安心ポイントをご紹介します。

瞳に色素が触れないサンドイッチ構造

レンズ素材の間に着色部分が含まれた安心構造。目やまぶた等に直接色素が触れることはありません。

瞳の健康を守るUVカット機能

シミなど肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)は、白内障などの眼病を引き起こす原因のひとつといわれています。
JILL STUART 1day UVには、紫外線吸収剤が含まれていますので、瞳に有害といわれる紫外線をカットします。

うるおい長続き、保湿成分配合

レンズ保存液に「MPCポリマー※」を配合。瞳が乾く不快感を和らげ、うるおいが長く続きます。
※ヒトの細胞膜をモデルに開発された高分子うるおい成分。

快適な装用感の高含水レンズ

高含水(含水率58%)の、みずみずしさが際立つレンズ。なめらかエッジで軽やかなつけ心地です。

【まとめ】

盛りすぎず、あくまでもさりげなく自然にイメージチェンジしたい、可愛くなりたい女子の願いを叶えてくれる「JILL STUART 1day UV」。瞳なじみも良いデザインとニュアンスカラーは、若い世代の女性だけでなく、大人の女性にもおすすめのカラーコンタクトレンズです。カラーコンタクレンズに興味があるけど試すのをためらっていた方はこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか?眼科やコンタクトレンズショップではお試し装用することも出来るので、一度聞いてみてください。瞳が変わると全体の印象も随分変わりますよ?ジルで大人可愛いを加速させちゃおう!

毎日お手入れしているのにコンタクトレンズが曇る原因とは?

topins_dim

コンタクトレンズのお手入れは毎日しっかりとしているのに、モヤがかかったようにレンズが曇ってしまい見えにくくなる経験ありませんか?それは日々のお手入れでは落としきれない化粧品や目から分泌物の残留が原因かも!そこで今回は、レンズの曇りを防ぐ方法や中々落ちにくいレンズ汚れの落とし方をお伝えします。

1.実は落とせていない曇りの原因

普段通りのお手入れをしているのにコンタクトレンズが曇ってしまうのは、化粧品やハンドクリーム、日焼け止めなどの油脂類や石鹸の残留成分、目から分泌されるたんぱく質や脂質がレンズに残っていることが原因です。またこすり洗いを間違った方法で行うことでコンタクトレンズに傷をつけてしまい、見えにくくなることも原因のひとつとして考えられます。

2.ソフトコンタクトレンズの方が曇りやすい?

また、コンタクトレンズの種類によっても曇りやすさは異なります。一般的にはドライアイが起きやすくなるソフトコンタクトレンズの方がハードタイプのレンズより曇りやすいと言われています。涙はコンタクトレンズに付着した汚れを流してくれる役目がありますが、ドライアイになると涙の量が減りコンタクトレンズに付着した汚れを洗い流すことができなくなるためです。

3.汚れをためない予防が重要!

油脂類やたんぱく質汚れは、一度コンタクトレンズに付着してしまうと通常の洗浄では落とすことが難しいため日々のお手入れをしっかりと行うことが大切です。そして、コンタクトレンズに触れる前は手を清潔にしてからお手入れを行うようにしましょう。高保湿のハンドソープをお使いの場合は、ハンドソープ自体に油分が含まれている可能性もあるのですすぎをしっかりと行うことも大切です。また、メイクをする時は化粧品がコンタクトレンズに付着しないようにレンズを装用してから。メイクを落とす時は、その前にコンタクトレンズを外すようにしましょう。

4.それでも曇ってしまったら・・・

予防していてもコンタクトレンズが曇って見えにくくなってしまった時の対策をお伝えします。ハードタイプのコンタクトレンズの場合、30℃~40℃程度のぬるま湯ですすぐと汚れが落ちやすくなるので試してみてください。しかしお湯の温度が高すぎるとレンズを破損する恐れがありますのでお湯の温度には注意が必要です。一方、ソフトコンタクトレンズの場合は高分子微粒子入りのタイプの洗浄液や油脂系の汚れに強い洗浄液を使用してみてください。汚れをしっかりと浮かせて落としてくれるのでおすすめです。コンタクトレンズ販売店やドラッグストアに行けば、全タイプのコンタクトレンズに使用できるものやハードタイプコンタクトレンズ専用のものなど何種類か置いてあるので一度見てみてください。

「おすすめの洗浄液」

■ジェルクリンW/SEED

ジェルクリンWは、「IPA(イソプロビルアルコール)」と「シリコーン系界面活性剤」のダブルの働きで、コンタクトレンズの化粧品汚れを根元から浮き上がらせて、強力に除去します。すべてのコンタクトレンズに使用出来るのも嬉しいポイント!

■O2Careミルファ/Menicon

脂質溶解成分とタンパク分解酵素を1本にミックスした抗菌成分配合のハードコンタクトレンズ専用の洗浄液。これ1本でレンズの洗浄、保存、タンパク除去が可能です。

【まとめ】

コンタクトレンズユーザーにとって、レンズが曇るほどこと煩わしいことはありません。そうならないためにも日々の丁寧なお手入れが大切です。毎日の洗浄と、スペシャルケアで快適なコンタクトライフを送れるようにしましょう。しかし繰り返し洗浄を行ってもレンズの曇りや見えにくさが改善されない場合は他の原因も考えられますので、様子を見て眼科を受診するなど専門科に相談してみてください。

BOTTOM