MENU

topics 目とコンタクトの
大事な知識

安全・快適のために、コンタクトレンズの保管方法と使用期限を守ろう

topics-save

コンタクトレンズを愛用している皆さんは、未開封のレンズを自宅のどこで保管していますか?各種製品の説明書にある「直射日光を避け、室温で保管してください」の注意書きを守っていますか?
コンタクトレンズを安心・快適に装用し、感染症などの病気やトラブルから目を守るためには、新しいレンズが安定した状態で保存される適切な保管場所を確保しましょう。また、パッケージに記載の使用期限を守ることも大切。瞳に直接触れるものだからこそ、日頃からの心がけが何より重要です!

1.保管場所は直射日光による劣化、凍結による損傷に細心の注意を

まだ開封していない真新しいコンタクトレンズの保管場所は、直射日光が当たる可能性の高い窓際などは避けましょう。いくら箱の中に入っていると言っても、日光に長時間さらされることによるレンズへの悪影響は免れません。パッケージの変色や変形はもちろん、高温状態が続くと中身の容器や水溶液にも異常が現れることがあります。
また、寒い地域では冬の凍結にも要注意。水分を含んだレンズのソフトコンタクトの場合、氷点下を下回る場所に置いておくと、水溶液ともども凍ってしまう恐れがあります。一度凍ってしまったレンズは損傷してしまったり、性能が極端に低下することもあります。

2.冷蔵庫やタンスの中に入れてる人も?保管場所のイロハ

「涼しくて暗い場所で保管するのが一番いい!」と考えているコンタクトユーザーの中には、“ここなら絶対に安心”と、冷蔵庫やタンスの棚の中にしまっていることもあるのだとか。確かに、直射日光も避けることができますし、高温になることもありませんが、わざわざそこまで厳重に保管する必要はありません。室温(常温)での保管で十分品質は保たれます。
むしろ冷蔵庫やタンスの中で保管する際に注意したいのが、防虫剤や防臭剤などです。特に浸透力の高い防虫剤の成分は、保管期間が長ければ長いほど、徐々に容器を通過してレンズにまで影響を及ぼすと言われています。

3.使用期限の目印は外箱とレンズ容器に記載の「EXP」

未開封のコンタクトレンズであっても、製品に記載された使用期限は必ず守りましょう。
コンタクトの使用期限とは、レンズと一緒にパッケージングされた水溶液の良好な状態、滅菌効果などが確実に保たれる期間のこと。期限切れのレンズを装用するリスクは眼病のリスクも高まります。
コンタクトの使用期限は、外箱とレンズ容器に記された「EXP」が目印。確かな品質が保証された期限内に使用できる量の購入とともに、期限切れレンズを使用することがないよう心がけましょう。

【まとめ】未開封だから安心!は大間違い

開封するまで水溶液に浸されているソフトコンタクトレンズにも、食べ物の賞味期限と同じように、使用できる限度があります。
製品によって違いはありますが、レンズの使用期限は製造から3〜4年が目安。一度にまとめ買いをしたり、メガネと併用しているユーザーの場合は特に、使用期限に注意が必要です。
「未開封のままだから大丈夫」「今日だけ、少しだけなら大丈夫」は、どちらも大間違い。
保管方法と使用期限はしっかり守って、快適なコンタクトライフを送りましょう!

コンタクトレンズ愛用者の温泉旅行・銭湯事情

topics-hot-springs

旅先の温泉や近所の銭湯で、からだをほっこり温めて、日々の疲れをリフレッシュしたい!
季節を問わずたくさんの人に愛されている日本各地の温泉や、地域の憩いの場となっている銭湯(日帰り温泉施設)を存分に楽しみたいけど、「コンタクトレンズを着けたままの入浴は不安」とお悩みのコンタクトユーザーはたくさんいます。温泉や銭湯を利用する際の注意点をしっかりおさらいし、できるだけ快適に醍醐味を味わえる方法を身につけましょう!

1.温泉入浴時の装用リスクを正しく知る

住み慣れた自宅での入浴時と同様、コンタクトレンズを着けたまま温泉や銭湯に入る際には、気をつけなければならない、知っておくべきリスクがいくつかあります。
瞳に直接触れるコンタクトレンズの素材は、とてもデリケート。高温多湿となる浴場内では、お湯の影響でレンズが変形してしまったり、石鹸やシャンプーが不意に目に入る恐れもあります。
また、ただの“お湯”ではない温泉の成分がレンズに付着することによる不具合も十分起こり得ます。目の病気やトラブルを避けるためにも、温泉や銭湯でのコンタクトレンズの利用は極力控えることがおすすめです。

2.浴場やサウナではコンタクトレンズが外れやすくなる

自宅のお風呂、温泉、銭湯を問わず、コンタクトレンズをつけたままの入浴で最も気をつけたいのがレンズの紛失です。
レンズが水分を吸収しすぎると、レンズの見え方に支障がでる可能性だけでなく、ずれたり外れやすくなります。
また、サウナでの利用も要注意。室温の高さと乾燥によってレンズの変形はもちろん、外れやすさも一気に高まります。温泉や銭湯では特に、一度外れてしまったレンズを見つけるのは至難の業。お湯に顔をつけないこと、洗顔・洗髪を避けることだけでなく、紛失のリスクが常につきまとっていることを意識しなければなりません。

3.「どうしても」のために、1dayタイプのソフトコンタクトを

入浴時のコンタクトレンズの利用は極力避けるべき理由を紹介しましたが、家族や友人と初めて訪れた温泉では、景色や風情も含めて存分に堪能したいものです。
コンタクトレンズの代わりにメガネをかけても浴場内では曇ってしまいますし、レンズやフレームの変形・損傷も起こりがち。
また、裸眼では眼の前や足元が見えづらく、転ばないように、人を間違えないようにと気を使うことに必死になってしまいます。それではむしろ、疲れがたまってしまう一方。「せっかくの旅先の温泉なんだから、どうしても着けたまま入りたい」と言う人は、1dayタイプのソフトコンタクトレンズを装用しましょう。温泉に入る時だけ利用して、上がったらすぐに外して処分する。入浴時に使い捨てタイプのソフトコンタクトを利用する場合でも、この条件は必須です。

【まとめ】コンタクトをつけたままでも安心して楽しめるように

温泉や銭湯などのお風呂場で、メガネのように視界が曇ることなく、足元や手元がはっきり見えるようにコンタクトレンズを使用することは、怪我の予防やストレスを感じないためにとても重要です。
露天風呂からの景色もぼやけてた、目の前の段差に躓いて転んだ、床で足を滑らせてしまった、一緒に入ったはずの友人や家族がどこに行ったかわからない・・・。こんな不便なことがあっては、せっかくの楽しみも醍醐味も味わえません。
だからこそ、コンタクトレンズを着けて入浴する際のリスクや注意点をしっかり把握して、使い捨てレンズのみを正しく利用すること。浴場内ではお湯が眼に入らないように十分注意して、入浴時間などにも気を配りながら、リラックスタイムを過ごしましょう。

コンタクトユーザーに最適の目薬とは。安心・安全な「人工涙液目薬」がおすすめ

topics-eye-drops

コンタクトレンズユーザーを悩ませる、疲れ目、かすみ目、目の乾き。少しでも、すぐにでも症状を和らげたいと、日常的に市販の目薬を利用している人も多いはず。
店頭に並んでいる数多くの目薬の中から、コンタクトレンズ用を選んで使用しているユーザーがほとんどですが、「コンタクトをつけたまま目薬をさしてもいいの?」「普通の目薬とコンタクト専用の違いってなに?」との素朴な疑問をよく耳にします。
今回は、コンタクトを快適に使用するために大切なアイテム「目薬(点眼薬)」について、知っておきたいイロハをご紹介します。

1.コンタクトレンズ専用目薬の特徴と選び方

コンタクト用目薬のほとんどが、瞳にうるおいを与える目的のために製品化されています。裸眼よりも乾燥しやすく、ドライアイの症状も出やすいコンタクトユーザーのニーズに応えるためです。
では、コンタクトをつけたまま点眼できる目薬の見分け方はなんでしょう。安心できる目薬を見極めるキーワードは、「人工涙液タイプ」の目薬です。人の涙の成分にほど近い目薬は、瞳の乾燥やゴロゴロ感の解消につながり、コンタクトレンズそのものへの負担や影響はありません。
市販商品のなかでは、参天製薬の「ソフトサンティア」シリーズ、ロート製薬の「ロートCキューブ」シリーズなどが、コンタクトをつけたままでも安心して点眼できる人工涙液タイプの商品です。また、定期的に眼科医を受診して処方される目薬を使用することが最も安全です。

2.レンズに影響を与える目薬の「防腐剤」にご注意

コンタクトレンズをつけたままの瞳に目薬をさすなら、コンタクト専用以外の目薬の使用は絶対に避けましょう。
街の薬局やドラッグストアなどで販売されている普通の目薬には、各症状に応じたビタミンをはじめ、充血を抑えるための血管収縮剤、保存を長引かせる防腐剤が含まれています。
これらの成分のうち、防腐剤(主に塩化ベンザルコニウム)がコンタクトレンズにとってはとても厄介です。特に水分量を多く含んだソフトコンタクトレンズは、防腐剤の成分を吸収しやすいことが分かっています。レンズに吸収された防腐剤はやがて、瞳の健康に悪い影響を及ぼし、角膜障害などを引き起こしてしまいます。また、レンズの変形や変色につながることもあるため要注意です。

3.ハードとソフトで違う目薬の使用法

コンタクトレンズ装用の際は、コンタクト専用の目薬に限る。これが最も大事なポイントですが、ハードコンタクトレンズはその限りではありません。
酸素透過性が低く、硬めの素材でできているハードレンズは、成分を吸収しやすいソフトレンズとは異なり、目薬による瞳やレンズへの影響が少ないのです。もちろん、日々の入念なお手入れは不可欠ですが、ハードコンタクト利用者は目薬に対して神経質になり過ぎることはありません。

4.正しい目薬のさし方をマスター

コンタクトユーザーに適した目薬、疲れ目・かゆみ・充血・乾燥(ドライアイ)などの目的に応じた目薬を選んでも、使用方法を正しくまもらなければ、治療効果は軽減してしまいます。目薬のさし方をマスターして、よりよいコンタクトライフを。

1.まずは清潔な手で

目薬をさす前に、容器を持つ手が汚れていてはいけません。石鹸を使って丁寧に手を洗いましょう。瞳や目薬を汚す恐れがあるのは、あなた自身の手の雑菌。目薬をさす前の大事なひと手間です。

2.瞳にしっかり確実に

使用量をまもって目薬をさすためにも、しっかり確実に瞳の真ん中へ点眼したいものです。失敗をしない秘訣は、下まぶたを軽く指で引いてあげること。目をしっかり見開いて、できるだけ目に近い位置からさしましょう。その際、容器の先がまぶたやまつ毛と直接触れないように注意しましょう。防腐剤を使用していないコンタクト用の目薬にとっては特に、中身の汚れは大問題です。

3.静かにまぶたを閉じて

目薬を点眼したら、静かにまぶたを閉じます。そのまましばらく目をつぶり、目薬の効果が瞳の全体へ均等に行きわたるようにしましょう。涙嚢へ流れることを軽減するために、目頭を軽くおさえてあげるのも効果的です。

topics-eye-drops_img01

4.仕上げは素早く、やさしく、ていねいに

まぶたを閉じた後にあふれ出た目薬は、きれいなガーゼかティッシュを使って拭き取りましょう。目薬の成分によっては、肌に触れた箇所が皮膚炎を引き起こすこともあります。仕上げは素早く、やさしく、ていねいに。

【まとめ】瞳のお手入れに最適な目薬選びを

防腐剤や血管収縮剤などの成分を含んだ治療を目的とする市販の目薬をコンタクトユーザーが使用する際は、必ずレンズを外してから使用することが大切です。また、点眼から再装用までの時間をできるだけ長く空けることをおすすめします。
コンタクトレンズのお手入れ方法と同様に、手軽に買い求めることができる目薬との上手な付き合い方、購入時の注意点を理解して、視界良好な毎日を送りましょう。

目の乾きにできること。ドライアイ対策をおさらい

topics_dryeye

目がゴロゴロする、目が痛い、目がかゆい、目やにが出やすいなどの不快感や、光をまぶしく感じる、視界がかすんで見える、理由もなく涙が出るなどの症状があれば、真っ先にドライアイを疑いましょう。外の空気が乾燥し、室内で暖房を使用する冬の季節は、特にドライアイに注意しなければなりません。肌にも、喉にも、目にも、健康のための潤いは必要不可欠です。コンタクトユーザーの悩みの種でもあるドライアイの原因や対処法をおさらいします!

1.ドライアイが起こる原因はさまざま

ドライアイの症状をひきおこすのは、目を守ってくれる涙の量の不足や質の低下です。その要因はさまざまで、空気の乾燥や加齢による涙の分泌量の減少はもちろん、コンタクトレンズの使用、スマートフォンやパソコンでの長時間作業、運転、喫煙、内服薬、点眼薬、マイボーム腺機能不全・結膜弛緩症・シェーグレン症候群などの病気が挙げられます。一度乾いてしまった目は、多くの要因が重なり合い、ドライアイの症状をさらに進行させてしまう悪循環を生みます。気づかぬうちに目の表面や細胞を傷つけてしまうドライアイに、少しでも早く気づくことができるかが肝心です。

2.コンタクトユーザーの約80%が感じている目の乾き

ソフトコンタクト、ハードコンタクトを問わず、約80%のユーザーが目の乾きを感じているとの調査結果が報告されています。特に、使い捨てタイプのソフトコンタクトは目の乾きを感じやすいとも言われています。また、ドライアイになりやすい割合も、コンタクトを使用していない人に比べて約4倍。なぜなら、眼球にレンズを装用すると乾きを潤してくれる涙の状態が不安定になってしまい、涙の量が少なくなった部分からいち早く水分が蒸発してしまうからです。コンタクトレンズを日常的に使用するユーザーならば、目の乾き対策に人一倍気を配る必要があります。

3.目の乾きに効果的な対策

ドライアイの要因がさまざまであるように、乾いた目に潤いを与える方法、疲れた目を休ませる方法もさまざまです。病気を発症させない、症状を悪化させないためにも、適切な対策を実践しましょう。

ドライアイの治療に特化した点眼薬

水分を補給するだけの目薬、傷ついてしまった角膜を補修する目薬以外にも、涙の各成分に直接働きかける新しいタイプの目薬が開発されています。油層・水分層(ムチン)・目の表面細胞それぞれの層の治療にピンポイントで対処することが可能です。

フード付き保湿用眼鏡の利用

花粉症対策の眼鏡のようにフレームの上下左右にフードが付いたドライアイ専用の眼鏡が発売されています。風をよけ、涙の自然蒸発をおさえ、保湿効果を高めるができます。

加湿器や濡れタオルを上手に活用

エアコンを使用している部屋は乾燥しがち。目の乾きを少しでも減らすために風向きや温度設定を調整することはもちろん、加湿器や濡れタオルを使用して十分な保湿対策を。

まばたきの数を意識的に増やす

涙を瞳全体に行き渡らせる一番の方法は、まばたきです。パソコンやスマートフォンを操作していると、まばたきの回数が普段の3分の1になることもあります。集中力を切らさない程度に、まばたきを意識的に行うことが目の健康に役立ちます。また、パソコンの画面を目の高さよりも下に置くことで涙の蒸発を抑える効果があります。

小まめな休憩とゆったり入浴

パソコンのモニターをながめっぱなし、椅子に座りっぱなしでの長時間の作業は、目の酷使にも直結します。小まめな休憩をとり、からだを伸ばしたり、温かいタオルを使って目をじんわり休めてあげるのも効果的です。そして、1日の最後はゆっくりお風呂につかること。からだ全体を温め、リフレッシュできる入浴時間が、目の健康にも大切です。

【まとめ】ドライアイの症状が悪化する前に

目の病気のひとつであるドライアイの患者数は、800万人から2200万人とも言われています。誰にでも起こりうる病気だからこそ、我慢できる範囲の症状と放っておかれがちなこともドライアイの特徴です。コンタクトレンズを装用している人が症状を放置してしまうと、目に傷がつくなどして症状はますます悪化することがあります。目の疲れ具合や見え方に気になる点が多いと感じたら眼科専門医に相談し、治療に最適な目薬(点眼薬)を処方してもらうようにしましょう。また、日頃からできる対策として、コンタクトレンズの装用時間や使用期限をしっかり守り、小まめな洗浄や消毒を心がけることも大切です。

遠近両用コンタクトレンズで新時代の老眼対策

topics_1115

近年、コンタクトレンズ製造メーカーが質の向上に力を入れている遠近両用タイプのレンズは、40代以降の人にとって避けては通れない悩みである「老眼」の対策に効果的なアイテムとして注目されています。「コンタクトレンズは若い人が着けるもの」は一昔前。老眼鏡だけが選択肢だった時代から、近くの文字も遠くの景色も1枚のレンズで見ることができるコンタクトレンズを“選びたくなる”時代がやってきました!

1.目がいい人も悪い人も、老眼は必ずやってくる。

「目のいい人だけが老眼になる」と耳にしたことはありませんか?それはまったくの嘘です。目の中の水晶体と毛様体筋のはたらきは、加齢とともに次第に衰え、見たい場所にうまくピントを合わせられなくなります。正常な視力をもつ正視の人も、メガネやコンタクトレンズを使用している近視、遠視、乱視の人も、歳を重ねれば必ず老眼(老視)が進行していくのです。違いがあるとすれば、老眼の自覚症状に気づくまでの早さだけ。普段からメガネやコンタクトを利用し、遠くが鮮明に見えている人でも、40代を境に手元の文字がだんだんと見えづらくなっているはずです。外した直後の裸眼の見え方で、老眼の進み具合は測れません。

2.一人ひとりにピッタリの遠近両用コンタクトを!

誰しもに共通の老化現象に逆らうことはできません。ならば、現実を受けとめ、うまく付き合い、適切に対処していくことが大切になります。「最近、老眼かな?」と思ったら、使用中のコンタクトやメガネの度数を変えたり、老眼鏡を購入することが一般的な対処策ですが、遠近両用のコンタクトレンズを装用する選択肢はいかがでしょう。日本国内での普及率は海外と比べて低い遠近両用コンタクトですが、メガネとは違った見えやすさと便利さに驚くこと間違いなしです。

3.遠くも、近くも、1枚のレンズで自由自在。

遠近両用コンタクトレンズの種類はおもに2つ。遠くを見るための度数と近くを見るための度数がはっきり分かれたものと、レンズの真ん中から外側にかけて遠用・中間用・近用のそれぞれに適した度数が同心円状に分布したものです。ユーザーの視力や生活のシーンに合わせた使い勝手のよい商品を、眼科医に相談して選ぶことが望ましいでしょう。見たいものが遠くても、近くても、レンズはその意思に合わせて自由自在に動き、はっきりとした視界を保ってくれるのです。

4.遠近両用レンズをはじめて試すなら!

老眼の症状が気になり始めた人にオススメしたいのが、ソフトタイプの遠近両用レンズです。使い捨てができる「シード 1Day pure マルチステージ」は、国内一貫生産の安心と自然な見え方を追求した光学設計が魅力。レンズ素材や保存液にもこだわった、うるおい感たっぷりの一押し商品です。コンタクトデビューが老眼を自覚してからでも遅くはありません。自分自身に合った、満足感の得られる老眼対策をぜひ!

【まとめ】見た目スッキリ、視界クッキリ、老眼向けコンタクト。

普通のコンタクトレンズと遠近両用コンタクトレンズの違いは、度数の分布のみです。製造方法や使用されている素材はもちろん、装用時間や日常のケア方法はまったく同じです。だからこそ、コンタクトユーザーなら自然に移行できるのも大きな魅力のひとつ。顔を遠ざけて文字を読んだり、老眼鏡を小まめにかけ外す手間がなくなれば、ストレスの軽減にもつながります。見た目はスッキリ、それでいて視界はクッキリの“一石二鳥コンタクト”で、新時代の老眼対策を!

BOTTOM