MENU

sceneシーン別おすすめ
コンタクト&ケア

旅行のときには断然1Dayの使い捨てタイプがオススメ

Pocket
LINEで送る

旅行に行く時、コンタクトレンズはどうすべき?普段から使い慣れたコンタクトレンズを持って行く人が多いかもしれませんが、2Weekやマンスリータイプ、ハードコンタクトレンズを使っている人はどうでしょう?ケア用品を持って行くのが面倒ではないでしょうか。メガネという選択肢もありますが、もしレンズが割れてしまったら…紛失や盗難にあったら、楽しい旅行が一瞬で台無しです。普段メガネや1week・ハードのコンタクトレンズを使っている人のなかでも、最近は「1dayのコンタクトレンズ」を持ち運ぶ人が増えています。1dayコンタクトレンズが旅に最適なその理由を、一挙大公開!

1.旅行に1dayコンタクトレンズを持って行く3つのメリット

1-1 かさばるケア用品が不要!荷物を軽くできる

旅行の荷物に1dayのコンタクトレンズを持ち運ぶのは大変そうですが、使い捨てタイプなので洗浄液や保存液、ケースなどのコンタクトレンズ関連のケア用品を持って行く必要がありません。どれかを忘れてしまってさぁ大変!なんてことも心配不要です。

1-2 万が一、落としても新品の替えがあるから安心

予備の使い捨てタイプを持っておけば、もしもコンタクトレンズを落としても、すぐに新しいものに取り替えられます。旅行先でスポーツやドライブを楽しむ時にも安心です。

1-3 コンタクトレンズは飛行機内にも持ち込み可能

海外旅行で飛行機を利用する場合は特に大変です。洗浄液などの液体を手荷物で機内に持ち込むには100ml以内の容器に個別に分けた上に、水漏れしないように1000ml以内の密封できるビニール袋に入れる必要があります。スーツケースに入れて持って行くとしても、使っている最中の洗浄液などは、気圧の関係で膨張して液漏れすることもあります。もちろん、1Dayタイプのコンタクトレンズも機内持ち込みに制限がある液体物に該当しますが、小分けにできる使い捨てタイプなら難なくクリア。就寝前に外して捨て、起きたら新しいレンズを装着することも可能です。

2.宿泊数の倍の予備コンタクトレンズと、メガネも忘れずに

旅行に行く時は、万が一に備えてスペアレンズを必ず持っていきましょう。特に海外旅行のときは、現地で購入するのは大変です。1Dayの場合は宿泊数の倍くらい、もし2weekの場合も2〜3組予備レンズを持って行くと安心です。また、メガネも忘れずに持って行きましょう。旅行のときは、楽しくてついついコンタクトレンズを長い時間装用しがち。夜更かしするときは、コンタクトレンズを外して、メガネで楽しみましょう。また、飛行機(特に国際線)や長距離(夜行)バスなどに乗るときも、できればコンタクトレンズは外してメガネにすべきです。コンタクトレンズをつけていても、仮眠をするときは必ず外してください。飛行機の中は空気が乾燥しているので、目も乾きやすくなりがちです。目薬も持って行くとより安心です。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM