MENU

sceneシーン別おすすめ
コンタクト&ケア

メガネより快適で安全! スポーツ時のコンタクトレンズ選びのポイント

Pocket
LINEで送る

普段メガネを使っている人でも、スポーツ時には周辺視野を広げ、遠近感をクリアにしてくれるコンタクトレンズが便利です。
強い衝撃でもメガネのようにずれたり、はずれたりしにくく、衝撃でメガネが壊れ、目を傷つけるという心配もありません。ただ、コンタクトレンズなら何でも良いのか?というと、決してそうではありません。
自分の目に合っていることはもちろん、スポーツの種類によっては、使わない方がいいコンタクトレンズもあります。
スポーツ時のコンタクトレンズ選び、どこに気をつければいいのか?どの種類が最適なのか?スポーツに適したコンタクトレンズの種類から、スポーツ別コンタクトレンズの選び方まで、意外と知らないポイントをまとめました。

1.ベースカーブが合っていてフィット性が高いものを選ぶべき

スポーツするときに使うコンタクトレンズは、フィット性が何より大切です。
動いているときに目の中でコンタクトレンズがズレたり、外れてしまっては、スポーツに全然集中できません。スポーツをする際には、フィット性のあるコンタクトレンズを装着しましょう。レンズそのもののフィット性も大切ですが、そもそもレンズのベースカーブが合っていないと、レンズが非常に外れやすくなってしまいます。レンズによってはベースカーブの選択が可能なものがあるので、自分に最適なベースカーブのレンズを装着するようにしましょう。

2.スポーツの種類によっては、適さないコンタクトレンズもある

コンタクトレンズにはスポーツの種類によって、適応できるもの、できないものがあります。判断基準は運動の激しさの度合いや対戦相手と接触するか否かです。身体の接触がないスポーツであるランニングや卓球、テニスは基本的にはどのコンタクトレンズでも使うことができます。ただし、ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズに比べ目から外れやすく、また高価であるため、使用するのであれば注意が必要です。バスケットボールやサッカーといった激しい動きを伴う運動や、身体の接触もあるスポーツになると、衝撃で目からコンタクトが落下しやすくなります。これらのスポーツにコンタクトレンズはあまり向いていません。

3.1Dayの使い捨てソフトレンズはどんなスポーツでも最適!

一般的に、スポーツには1日使い捨てのソフトコンタクトレンズが適しています。ソフトコンタクトレンズは激しく動いても外れにくく、格闘技などの激しい動きを伴う競技から淡々とプレーするゴルフまで、どんなスポーツでも対応できるオールラウンドなコンタクトレンズといえます。ただ、屋外で行うスポーツや、ウォータースポーツをする場合、レンズが傷んでしまう可能性があります。しかし。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズであれば、気軽に交換することができますので衛生面はもちろん、経済面からも安心して使用することができます。

4.海やプールで泳ぐ時は、コンタクトを外した方が安全

水中には多数のバクテリアが存在するため、プールや海の水を取り込んだレンズを使用し続けると、レンズの変形や感染症のおそれがあります。また、浸透圧の関係で目が痛くなる場合もあります。泳ぐときにコンタクトレンズを装着することはお勧めできません。どうしても視力矯正が必要な場合は、ゴーグルを着用し、水泳後にレンズを洗浄することをお勧めします。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM