MENU

sceneシーン別おすすめ
コンタクト&ケア

仕事で忙しいは言い訳にならない! 最適なコンタクト選びと日々のケア

Pocket
LINEで送る

コンタクトレンズ、1日に何時間ぐらい着用していますか?毎日仕事が忙しいからといって、コンタクトレンズをつけっぱなしにしたり、ケアを怠ってしまうと、目に大きな負担をかけてしまい、重大な病気になってしまうケースもあります。最近では、毎日14時間以上コンタクトを着けていたため失明の危機に瀕していた女性のニュースが話題となりました。特に、近年パソコンを使う仕事が増えていることもあり、目にとって過酷な環境で仕事をしている人も多くいます。だからこそ、正しい知識をもとに、自分の仕事に最適なコンタクトレンズを選び、忙しくてもケアを怠らないことが、結果的に仕事も目の健康も守ることに繋がります。

1.パソコン作業が多い仕事の人は目の乾燥に気をつけるべき

パソコンなどの作業中はまばたきの回数が減少し、涙が不足しがちです。ソフトコンタクトレンズを汚れた状態で装着していると、角膜表面の乾燥が進んで、眼障害が起こりやすくなります。パソコン作業が多い仕事の場合は特に、ガス透過性ハードコンタクトレンズ、シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズがおすすめです。ソフトコンタクトレンズを使う場合でも、1日使い捨てタイプが適しています。重要なのは、目を乾燥させないこと。目薬などを定期的に使用するなどして、潤いに気をつけることが、目の健康の第一歩だと言えます。

2.夜勤が多い人は要注意!コンタクトレンズのつけっぱなし

仕事で夜遅くまで働いたり、夜勤が多いという理由で、連続装用レンズを希望する人がいますが、連続装着はできるだけ避けるべきです。終日装着よりも連続装着の方が眼障害の発生頻度が数倍高くなるからです。ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズに比べて目への酸素供給は劣ります。仕事で夜遅くまで装着する、装着時間が長くなる人には、高酸素透過性のガス透過性ハードコンタクトレンズが適しています。ソフトコンタクトレンズを選択するのであれば、酸素透過性が高いシリコーンハイドロゲルコンタクトレンズを選びましょう。徹夜になるときは、最初からメガネを使用するか、一日使い捨てコンタクトレンズを使用し、一定時間を過ぎたらメガネに切り替えるなど、目への負担を軽減する工夫も必要です。

3.仕事前のメイク時もポイント!基本は洗顔のあと、化粧の前

コンタクトレンズには、意外とお化粧汚れが付きやすく目の障害の原因となってしまうこともあります。コンタクトレンズを装着するタイミングは、洗顔のあと、化粧の前がベスト。清潔な肌と手の状態で、化粧品をさわる前に着けるように心がけましょう。濃いアイメイクを毎日したいという方には、1日使い捨てタイプのレンズがおすすめです。1Dayタイプなら、衛生的に使えて便利です。それ以外のレンズを選ぶなら、クリーナーでしっかりこすり洗いができるレンズを選びましょう。

4.忙しいからといって、ケアを怠るのが一番危険

仕事が忙しく、毎日のレンズケアが面倒だと感じる方は、外したら捨てて新しいものを使用する1Dayタイプのソフトコンタクトがベストです。毎日装着するのはコストが心配…そんな場合はソフトレンズよりもハードレンズを選んだ方がいいかもしれません。レンズのケアはハードレンズの方が簡単で衛生的にも優れています。

Pocket
LINEで送る

BOTTOM