MENU

コンタクトレンズの
使い方how to

誤って使うと眼に悪影響を
与えかねないコタクトレンズ。
正しい使用方法やケア方法をおぼえて、
快適なコンタクトライフを
送りましょう。

コンタクトレンズは高度管理医療機器。
使い方のルールをしっかり守らなければ、深刻な眼障害などのトラブルを引き起こしかねません。
ここでは適切な使用方法と管理方法ご紹介します。

コンタクトレンズはどれくらいで交換すべきですか?

コンタクトレンズを長い期間使用していると、汚れ・キズ・変形などが生じていきます。それが異物感・視力低下につながり、ひどい場合には眼にトラブルを引き起こす恐れがあるため、そのようなトラブルが発生する前にコンタクトレンズを交換する必要があります。
個人差はありますが、酸素透過性ハードコンタクトレンズで2~2年半、ソフトコンタクトレンズで1~1年半程度が作り替えの目安と言われています。1日使い捨てソフトコンタクトレンズは一度装用して眼から外したら再使用できないので、次につける場合は新しいレンズを使用してください。2週間(1カ月交換)ソフトコンタクトレンズの場合は、レンズのプリスターパックを開封した日から最長2週間(1カ月)で交換しましょう。

化粧をしたままコンタクトレンズをつけても大丈夫ですか?

化粧品やハンドクリーム、整髪剤などを使用したままの手でコンタクトレンズを触らないようにしましょう。手を洗わずにレンズに触ってしまうと、曇って見える、乾きやすい、ゴロゴロするなど調子を悪くしてしまうことがあります。また、レンズ自体にも変色や変形などの影響を及ぼす可能性があります。コンタクトレンズを快適に使うために、まず手の洗浄をしっかり行いましょう。そしてメイクをする場合にはレンズを装着してからメイクを行うようにしてください。また、粘膜部分へのアイメイクは控えましょう。メイク落としはレンズを外してから行うよう心がけましょう。

レンズをつけている時、目にゴミが入ったらどうすればいいですか?

すぐにコンタクトレンズをはずしテ、一度洗浄してから着用して下さい。1日使い捨てレンズの場合は、新しいレンズに交換しましょう。それでも異常を感じる時は、すぐに装用を中止し、眼科医にご相談下さい。

一度外した1日使い捨てコンタクトレンズは、もう一度つけても大丈夫?

1日使い捨てコンタクトレンズ、1回の使用を目的として製造されています。その為、外した後にもう一度装用する事はできません。

未開封のコンタクトは、いつ使用しても良いですか?

コンタクトレンズの種類によっては、使用期限があるレンズもあります。外箱やケースに「EXP」と記載があれば、その日付が使用期限となります。

コンタクトレンズの上から目薬をさしても大丈夫ですか?

コンタクトレンズ専用の目薬なら問題ありません。その他の目薬に関しては、目薬に含まれる成分がレンズに悪影響を与える場合もあるので、必ず眼科医にご相談ください。

レンズの使用期限が左右で異なるのですが、問題はないですか?

レンズの使用期限が左右で異なっていても、眼への影響と品質の差異が生じることはありません。また使用期限を過ぎてレンズが使用できなくなることもありません。

コンタクトレンズはなぜケアが必要ですか?

1日のあいだ眼に装着したコンタクトレンズには、涙に含まれるタンパク質や脂質の汚れ、空気中のホコリやタバコの煙、お化粧品など様々な汚れが付着します。特に、ソフトコンタクトレンズは素材に水分を含んでいるので、細菌が繁殖しないようにするために、洗浄だけでなく消毒も行う必要があります。レンズのケアが不十分だと眼にトラブルを引き起こす危険性が高くなります。
眼科医の指示にしたがって、きちんとしたケアを行いましょう。

コンタクトレンズはどうやって保管すれば良いのですか?

未開封のコンタクトレンズは、直射日光を避けて室温で保管して下さい。開封後のコンタクトレンズは、ご利用されているケア用品の注意書きを参照して下さい。

コンタクトレンズってどうして汚れるの?

コンタクトレンズの汚れは、化粧品、大気中のホコリ、タバコの煙、手指の汚れなどの「外的要因」と、タンパク質、脂肪、カルシウム、ムチンなど涙液成分からの汚れの付着による「内的要因」の2つに分けられます。汚れをほっておくと、眼に重大な病気を引き起こしてしまう恐れもあります。正しいケアで汚れを除去して、快適にコンタクトレンズを装用しましょう。

ハードコンタクトレンズはどうやってケアすれば良いですか?

ハードレンズのケア溶剤には、洗浄液、洗浄・保存液、酵素洗浄剤、保存液、タンパク除去剤、装着液などがあり、それぞれを使って「毎日の浸け置き」「気になった日のこすり洗い」「定期的なケア」を行います。

※ 詳しくは「目とコンタクトの大事な知識」をご確認ください

ソフトコンタクトレンズはどうやってケアすれば良いですか?

ソフトコンタクトレンズに使用する用剤には、マルチパーパスソリューション(MPS)、過酸化水素、ヨード製剤そしてタンパク除去剤があります。コンタクトレンズ着用時に一緒に使用する装着液もあります。それぞれの溶剤によってケアの方法が異なります。

※ 詳しくは「目とコンタクトの大事な知識」をご確認ください

使い捨てコンタクトレンズはどうやってケアすれば良いですか?

使い捨てコンタクトレンズのケア方法は、コンタクトレンズの種類によって異なります。1日使い捨てタイプは特にケアの必要はありませんが、2週間交換タイプや連続装用タイプの場合は、ケア用品を使って毎日のケアを行います。

※ 詳しくは「目とコンタクトの大事な知識」をご確認ください

コンタクトレンズのすすぎや保存に水道水は使っても大丈夫ですか?

ハードコンタクトレンズのすすぎのみ、水道水を使えます。ハードコンタクトレンズの保存や他のレンズのすすぎ・保存には必ず専用の液をご利用下さい。細菌ガ繁殖したり、レンズが劣化する場合があります。

使用期限の過ぎたケア用品を使用しても問題ありませんか?

使用期限の過ぎたケア用品は使用しないでください。

コンタクトレンズやケア用品を海外へ持参することはできますか?

航空機のテロ事件対策の為、手荷物として機内への持込が厳しい状況になっています。スーツケース等に入れて持ち込む場合は大丈夫ですが、廃棄の指示があれば従ってください。また、実際にお持込ができるかどうかは、前もって利用する航空会社に問い合わせてください。

眼科での定期検査は本当に必要なのですか?

コンタクトレンズは目にとっては異物です。普段調子よく使っていても、眼障害が発生していたり、レンズにキズや汚れがついてしまっている場合もあります。コンタクトレンズをつけることによる目への影響を定期的にチェックすることはとても大切です。そのため、3カ月に一度の定期検査をおすすめしています。

BOTTOM