MENU

初めてのコンタクトもこれで完璧!
ご購入までの流れcontact debut

初めてコンタクトレンズを買うには、どうすればいいの?どこに行って何をするのか、たくさんある種類の中からどうやって選べばよいのか。初めてコンタクトレンズを購入する時によく出る疑問や質問を、購入の流れにそって解決していきましょう。

ご購入の流れ.1

初めての場合、まずは眼科で適性を検査

初めてコンタクトレンズを使いたいと思ったら、まずはコンタクトレンズに詳しい眼科(アイスペースは店舗隣接の眼科があります)へ行き検査をしてもらいましょう。眼科ではまず、あなたの目の検査をして、コンタクトレンズに対する適性を確認します。コンタクトレンズを安全に使用するためには、視力だけでなく、目の状態、角膜表面の形状、角膜内皮や涙の状態などを徹底的に調べる必要があるからです。この検査で目の病気が発見されたときは、病気の種類や程度によって、コンタクトレンズが使えない場合や、目の病気が治癒するまでコンタクトレンズの処方が延期される場合もあります。

ご購入の流れ.2

眼科医と相談して、自分にあったコンタクトレンズを決める

コンタクトレンズには、それぞれの特徴があり、長所も短所もあります。眼科医は、目の状態や生活習慣に合わせて、初めてのコンタクトレンズを、あなたと相談して決めてくれます。

ご購入の流れ.3

トライアルレンズのフィッティング検査

適正と考えられるコンタクトレンズが、実際に目に適合するか否かを調べるために、選択したコンタクトレンズのトライアルレンズを目に装着して、目の表面でスムースな動きが得られるか、コンタクトレンズの安定位置は良好であるかを確認します。トライアルレンズは、実際に処方されるコンタクトレンズと度数は異なりますが、カーブと大きさが全く同じテスト用のコンタクトレンズです。しばらくの間つけてみて、問題がないか確認します。

ご購入までの流れ.4

トライアルレンズによる追加矯正視力検査でレンズを決定

トライアルレンズのフィッティングに問題がなければ、トライアルレンズの上から視力検査をします。このとき視力が出にくければ、トライアルレンズの規格や種類を変更します。フィッティング検査、追加矯正視力検査により、実際に処方される初めてのコンタクトレンズの規格(度数、ベースカーブ、レンズ径など)を決定します。

ご購入までの流れ.5

処方箋をもとに、初めてのコンタクトレンズを購入

初めてのコンタクトレンズ選びの不安やお悩みは、アイスペースの専門コンタクトアドバイザーにお任せください。試したみたいコンタクトレンズやその他のご要望をヒアリングしながら、眼科医の処方箋に合わせて最適なコンタクトレンズをご提案いたします。

ご購入までの流れ.6

実際に処方されたコンタクトレンズで検査

購入したコンタクトレンズを実際に装着し、自分の目に合っているかを確認するために視力検査、フィッティングの検査を行います。ハードコンタクトレンズは全ての製品がひとつひとつ微妙に形が異なります。またハードコンタクトレンズでもソフトコンタクトレンズでも、トライアルレンズと度数が異なれば、フィッティングも変化します。トライアルレンズでの検査結果と、実際に購入したコンタクトレンズで見え方や装用感が違うということも少なくありません。購入したコンタクトレンズが自分の角膜にぴったりフィットするかどうか、必ず眼科医に確認してもらいましょう。

ご購入までの流れ.7

レンズケアの指導・装着練習を受ける

初めてのコンタクトレンズが決まった場合、次はレンズケアの方法を教わりましょう。ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ、またコンタクトレンズのタイプによってレンズケアの方法が違います。分からないことがあったら納得するまで眼科医に質問し、正しいレンズケア方法を教えてもらいましょう。眼科医、看護師、視能訓練士の指導のもとで正しいコンタクトレンズ装用の練習をしましょう。最初は慣れなくて涙が出たりしますが、必ず自分でつけられるようになります。

ご購入までの流れ.8

定期検査で最終確認

ハードコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズともに、3ヶ月に1回は定期検査を受け、処方されたコンタクトレンズが目に合っているか、目に問題が生じていないかを検査するようにしましょう。季節や環境が変われば目の状態も変わるので、定期的に受診されることをおすすめします。

BOTTOM